ライコネン中国GP優勝 ハミルトンまさかのリタイア


スポンサードリンク


F1第16戦・中国GP(Chinese Grand Prix 2007)、決勝で、フェラーリ(Ferrari)のキミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)が1時間37分58秒395を記録し、シーズン5勝目を飾りました。

このレースでワールドチャンピオン決定の可能性があったマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトンはまさかのリタイアでノーポイント。

同じマクラーレン・メルセデスのフェルナンド・アロンソは2位に入り、ワールドチャンピオン争いは最終戦のブラジルGPに持ち越しとなりました。


それにしても驚いたハミルトンのピットレーンでのコースアウト。

勿論タイヤのトレッドが剥がれているという外的要因があったのは事実ですが、それにしてもピットレーンであんなにはみ出してしまうなんて・・・。

レース後のインタビューで、ハミルトンはトレッドが剥がれている状況に気付いていなかったとコメントしていました。

ただ、その状況に気付いていなくても、タイヤに優しいドライビングが身上のハミルトンだけに、冷静な心理状態ならコースアウトはしなかったような気がします。

ライコネンによって、コース上で初めてオーバーテイクされ、更にチームメイトで最大のライバルであるアロンソに猛追された中でのピットイン、しかもワールドチャンピオン獲得を賭けた大一番、さすがの超大物ルーキーも少し焦っていたのだろうと思います。

これで首位のハミルトンが107ポイント、アロンソ103ポイント、ライコネン100ポイントとなり、ライコネンにもワールドチャンピオンの可能性が出てきました。

依然ハミルトン有利は変わりありませんが、最終戦のブラジルも雨の多いサーキットだけに、何が起こるか分かりません。


日本勢は全体に低調でしたが、そんな中やはりホンダのジェイソン・バトンが際立つ走りを見せてくれました。

雨の中でも全く危なげないレース運びで、しっかりと5位をキープしてくれました。

ホンダのマシンが今期以上に戦闘力が落ちることはあり得ないだけに、来シーズンのホンダ+バトンが今から楽しみです。


一方、トヨタのラルフ・シューマッハ。

来シーズンのシート獲得に向けて、アピールしなければならないのは分かりますが、もう少し大事にいって欲しかったですね。

そのトヨタは、今期限りでマクラーレンから出ることがほぼ確実なフェルナンド・アロンソを狙っているようです。

ルノーもアロンソの復帰を狙っているようで、その動向は大いに注目されます。


また、今回の中国GPで4位に入り、前回の日本GPに引き続きその非凡な才能を見せつけたセバスチャン・ベッテル。

チームメイトのリヴィッティも6位に入っており、トロロッソのマシン自体の戦闘力も大いに上がっているようですが、ベッテルの速さには光るものがありました。

来シーズン上位チームに移籍すれば、台風の目となりそうです。


■決勝結果

1位:キミ・ライコネン/フェラーリ - 1時間37分58秒395
2位:フェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)/マクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes) - 1時間38分08秒201
3位:フェリペ・マッサ(Felipe Massa)/フェラーリ - 1時間38分11秒286
4位:セバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel)/トロ・ロッソ(Toro Rosso) - 1時間38分51秒904
5位:ジェンソン・バトン(Jenson Button)/ホンダ(Honda) - 1時間39分07秒061
14位:佐藤琢磨(Takuma Sato)/スーパーアグリ(Super Aguri) - 1周回遅れ
17位:山本左近(Sakon Yamamoto)/スパイカー(Spyker) - 3周回遅れ

ハミルトン日本GPでポール・トゥ・ウィン メルセデスのCMも驚き!


スポンサードリンク


F1第15戦・日本GP(Japan Grand Prix 2007)決勝で、ポールポジションからスタートしたマクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)は、2時間0分34秒579を記録してポール・トゥ・ウィンでシーズン4勝目を飾りました。

この優勝でハミルトンは、42周目でリタイアに終わったチームメイトのフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)との差を12ポイントまで広げて総合優勝へ向け大きく前進し、次戦の中国GP(China Grand Prix 2007)の結果次第では最終戦を待たずとして総合優勝を決める可能性があります。

今回の日本GPを「いろんな事があって慎重を要するレースだったけど、幸運な事に最後まで走り続けることができた」と振り返ったハミルトンは、「最後の数周はアイルトン・セナ(Ayrton Senna)とアラン・プロスト(Alain Prost)のレースについて考えるなど、僕の心の中ではいろんな思いが巡った。僕は今、彼らが成し遂げた事に近づいているんだと感じている」と初の総合優勝へ向け心境を語っています。

■決勝結果

1位:ルイス・ハミルトン/マクラーレン・メルセデス - 2時間0分34秒579
2位:ヘイッキ・コバライネン(Heikki Kovalainen)/ルノー(Renault) - 2時間0分42秒956
3位:キミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)/フェラーリ(Ferrari) - 2時間0分44秒057
4位:デビット・クルサード(David Coulthard)/レッドブル(Red Bull) - 2時間0分54秒876
5位:ジャンカルロ・フィジケラ(Giancarlo Fisichella)/ルノー - 2時間1分13秒443
12位:山本左近(Sakon Yamamoto)/スパイカー(Spyker) - 1周回遅れ
15位:佐藤琢磨(Takuma Sato)/スーパーアグリ(Super Aguri) - 2周回遅れ



あのアロンソがスピンしてリタイア。

マシンに何らかの問題があったのかもしれませんが、降り続ける雨の中、難しいコンディションであったのは間違いありません。

その中で、ポール・トゥ・ウィンを決めたルイス・ハミルトン、さすがと言う他ありません。

日本GPを制した走りは、間違いなくワールドチャンピオンの器であることを証明したと言えます。

途中で、BMWのクビサに弾かれるようにしてコースアウトしましたが、ほとんどマシンにダメージもありませんでした。

運の強さも実力のうちなのでしょう。


それにしても今年、レースと同じくらい気になったのが、F1中継の途中に流れるCM。

さすがにトヨタ、ホンダ、ブリジストンのCMが圧倒的に多かったように思いますが、一度だけメルセデスベンツのCMが流れました。

何と、あのフェルナンド・アロンソとルイス・ハミルトンが、メルセデスベンツのCMで仲良く共演していました。

現在はワールドチャンピオン争いを発端に、様々な発言が元で冷戦状態が続いている二人。

チームクルーも真っ二つに分かれて、お互いの情報を共有せずにグランプリを闘っています。

その現実と、CMでの仲良しぶりがあまりにもミスマッチで、大変衝撃的なCMでした。

勿論、撮影はシーズン前に行われているのでしょう。


更に驚きだったのは、CMの最後にミカ・ハッキネンが登場したこと!

私は一瞬、キミ・ライコネンがCMでアロンソやハミルトンと共演していると、勘違いしてしまいました。

「昨年、キミ・ライコネンはメルセデスのCMに出演していたが、何でフェラーリに移籍した今年も出演しているんだ?」と・・・。

ミカ・ハッキネン、元気そうで何よりでした。



◇自動車関連費用を引き下げるなら

1.ガソリン代最大30%キャッシュバック!JCBドライバーズプラス

JCBドライバーズプラスは、日本発の国際ブランドであるJCBが発行するドライバー向けクレジットカードです。

前月の利用代金に応じて、高速代やガソリン代が最大で30%!キャッシュバックされます。

しかも、石油会社系のカードだと自社スタンドでしか使えませんが、JCBドライバーズプラスカードならどこのガソリンスタンドでもキャッシュバックOK!

JCBドライバーズプラスは、ガソリン代節約の強い味方となるクレジットカードです。

キャッシュバックがうれしい【JCBドライバーズプラス】



2.自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!

自動車購入後、毎年払わなければならない自動車保険は、かなり痛い出費です。

そんな自動車保険、加入者の条件によって最もお得な保険会社は変わることがあります。

保険の窓口 インズウェブなら、ソニー損保、三井ダイレクト、東京海上日動、アクサダイレクトなど、最大20社からの無料での同時見積もりが可能です。

しっかりとチェックして、自分にあった保険会社の自動車保険を選びましょう!

保険の窓口 インズウェブで見積り!全員に500円マックカードプレゼント!




3.あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。

愛車を手放す場合、どこに売るかで価格は大きく変わります。

新車購入時、そのままディーラーに下取りに出すと、本来の適正価格で評価してもらえない可能性があります。

カービュー(carview)なら、大手査定会社のJAC、ガリバー、カーセブン、ラビット、アップルなどの会社から、無料での一括査定が可能です。

あらかじめ、自分の愛車の適正価格を知ることは大切です。

クルマ売るなら、複数社の買取店無料一括比較のcarview愛車無料査定



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。