スズキ自動車がインドで世界戦略車「Aスター」を生産へ


スポンサードリンク


スズキ(Suzuki Motor)は11日、インドで約18億ドル(約2000億円)の投資を行い欧州向けの新型小型車「Aスター(A-Star)」を生産すると発表しました。

新型車は5ドアのハッチバック車で、排気量1000ccのエンジンを搭載。

2008年10月にニューデリー(New Delhi)近郊のManesar工場で生産を開始する予定です。

環境に優しい新型車は欧州のライバル車より排ガス量を抑えられるそうです。

スズキの世界戦略車は「スイフト(Swift)」「グランド・ビタラ(Grand Vitara)」「SX4」「スプラッシュ(Splash)」の4車種あり、「Aスター」は第5弾となります。
 
スズキは1990年代、人口数十億人のインドが経済を開放した際、直ちに同国市場に進出しました。

同国の新車の半数を生産するマルチ(Maruti)を子会社化し、成長を遂げてきました。

スズキは、急成長するインドでの需要に対応するため、2010年までに子会社マルチ・スズキの生産能力を、年96万台に増やす計画を立てています。


スズキ自動車と言えば、セルボ、ラパン、ワゴンR、アルト、ジムニー、Kei、エブリィといった軽自動車や、スイフト、SX−4といった小型車中心です。

東京モーターショーで出展されていた「パレット」なんかは、ほぼ完成した状態で展示されていました。

さすがに最新モデルだけに、微妙な曲線を使ったエクステリアながら室内空間の広さは圧倒的で、ダイハツの新型タントと真っ向勝負出来る仕上がりでした。

その一方、モデルチェンジの度に大型化するエスクードや、東京モーターショーに参考出展されたKizashi2等、スズキは排気量の大きい車種の開発にも熱心です。

また、スズキ自動車は、早くから海外進出を手がけてきました。

ハンガリーやロシア等、旧共産圏への進出が目立っていましたが、多彩な小型車を持っている強みを活かし、発展途上国への進出にも積極的でした。

スズキは、発展途上国の中でも特にインドへの進出に熱心で、アルトやワゴンRといった軽自動車が、ニューデリーの街中を走り回っています。

ただ、スズキの目は、イギリスやドイツといった西欧にも向けられ始めています。

今回のインドでの投資も、インド国内より欧州向けの拠点としての位置付けです。

しかも「Aスター」は、欧州で最も関心の高い環境性能で、勝負出来る世界戦略車です。

来期からSX−4で本格参戦するWRCで好成績を収めれば、「スズキ」ブランドの知名度が飛躍的に上がり、「Aスター」の販売にも弾みが付きそうです。

世界最古のロールス・ロイス、8億円で落札


スポンサードリンク


競売大手ボナムズ(Bonhams)が3日にロンドン(London)で開催したオークションに、現存する世界最古のロールス・ロイス(Rolls-Royce)が出品され、352万1500ポンド(約8億円)で落札されました。

このロールス・ロイスは1904年製で10馬力。

今回のオークションで、2つの最高落札価格の記録を塗り替えています。

1つはロールス・ロイスとしての落札価格、もう1つは1905年以前に製造された車としての落札価格です。

ロールス・ロイスとしては1912年製のSilver Ghost Double Pullman Limousineの148万ポンド(約3億3600万円)、1905年以前に製造された車としては1884年製のド・ディオン・ブートン(De Dion Bouton)の176万ポンド(約4億円)が、それぞれ過去の最高落札額でした。

予想落札価格の約2倍となった額で落札したのは、英国人のコレクターだそうです。

同車は、名高いクラシックカーのイベント「London to Brighton Veteran Car Run」に出走できる唯一のロールス・ロイス。

1904年にパリ(Paris)で初めて公開され、1905年2月にロンドンで行われた自動車ショー「Olympia Show」に展示されました。


ロールス・ロイスの試作車、ロイス10HPが登場したのが1904年。

直列2気筒の2000ccエンジンを搭載し、テストでは時速16.5マイル(26.5km/hr)を記録していました。

フランスが自動車先進国だった時代、イギリスが生んだ「ロールス・ロイス」は、発売当初から世界的に見ても品質感で群を抜いた存在となりました。

その後、シリンダー数を6気筒まで増やし、12気筒のファントムも登場。

ロールス・ロイスは、高級車ブランドとして不動の地位を得るに至りました。


今回の落札車は、そのシリンダーが増えていった当時のロールスロイスだと思いますが、落札価格は8億円!と信じられないスケールです。

BMWに買収された現在のロールス・ロイスのラインナップを見ても、ファントムが4450万円、最高価格のロールス・ロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペでも5218.5万円です。

現行のロールス・ロイスを購入出来る人でも、ほんの一握り。

この世界最古のロールス・ロイスを購入した英国人コレクターとは、どのような人なのでしょう・・・。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。