トヨタがカローラフィールダーでバイオガソリンE10燃料対応車の認定を取得


スポンサードリンク

木村拓哉のCMが好評のカローラフィールダー。

先代モデルから新型フィールダーになってからも、木村拓哉がイメージキャラクターを務めています。

ビートたけし(北野武)や明石家さんまもカローラのCMに出演していましたが、キムタクのほうがカローラフィールダーのイメージに合致しているようで、CMもシリーズ化されています。

カローラフィールダーの人気は同クラスのライバル車を一歩リードしているだけに、値引き額もあまり拡大していません。

最も強力なライバルとしては日産のウィングロードが挙げられますが、正統派スタイルのカローラフィールダーに比べ、ウィングロードはターゲットを若者に絞り込んだスポーティーなキャラクターで、好みが分かれるところです。

それゆえ、どちらかが闘いに敗れて失墜するということもなく、カローラフィールダー、ウィングロードとも中古車市場でも安定した人気を保っています。


そんなカローラフィールダーが、エタノールを10%混ぜたバイオガソリン、E10燃料車として国土交通大臣の認定を取得しました。

バイオガソリン仕様のカローラフィールダーは、1.8リットルエンジンのCVT搭載車です。

大阪府に一年間、カローラフィールダーを有償で提供し、公道走行試験を行います。


ちなみにトヨタは、早くからE10のようなバイオガソリン燃料対応車を環境対応に有効と見ていました。

それゆえカローラフィールダーだけでなく、2006年6月から生産されているすべてのガソリンエンジンが、燃料系部品の材質変更などにより、E10に対応出来るようになっています。

また、バイオガソリン燃料の普及が早くから進んでいるブラジルでは、昨年五月からバイオエタノール仕様カローラの販売が既に始まっています。

ちなみにブラジルでは、カローラはBMWやベンツに並ぶ高級車として扱われています。

一方米国では、バイオエタノールを85%混ぜた燃料を使う大型ピックアップ(荷台付き)トラック「タンドラ」とスポーツタイプ多目的車(SUV)「セコイア」の2種類を販売する予定となっています。


カローラフィールダーで日本でのE10対応に乗り出したトヨタですが、日産もE10の国土交通大臣認定を既に取得しています。

ガソリン価格は、暫定税率の状況いかんによっては下がる可能性もありますが、原油価格の高騰は続いています。

カローラフィールダーを取っ掛かりとしたトヨタのE10戦略活発化で、バイオガソリンへの流れが加速する可能性があります。

フォルクスワーゲン、純利益倍増の決算を発表


スポンサードリンク


ドイツのウォルフスブルク(Wolfsburg)で、フォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)のマルティン・ヴィンターコルン(Martin Winterkorn)CEOが今年度の決算を発表しました。

ヨーロッパ最大の自動車メーカーの同社は、売上が1088億9000万ユーロ(約17兆370億円)で、純利益は前年度の2倍の41億2000万ユーロ(約6446億円)になりました。

そのフォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)傘下の高級車メーカー、アウディ(Audi)も税引き後利益は26%増の約17億ユーロ(約2700億円)、税引き前利益は約50%増の29億ユーロ(約4600億円)と高収益を確保しています。

アウディのルペルト・シュタートラー社長は、フォルクスワーゲン(VW)とともに、米国でアウディの乗用車の現地生産を検討していることを明らかにしています。

米消費者の環境意識の高まりや原油価格の高騰に対応するため、開発中の低公害型ディーゼル車を本格的に販売する予定です。

フォルクスワーゲンを巡っては、ポルシェによるVW子会社化の方針決定があったばかり。

フォルクスワーゲン傘下のアウディも、ポルシェとの多目的スポーツ車(SUV)やハイブリッド車の共同開発に意欲を示しており、ポルシェ、フォルクスワーゲン、アウディという独3大自動車メーカーの結びつきはますます強くなりそうです。


フォルクスワーゲンはジュネーブショーで、34年ぶりに2ドアスポーツカー「フォルクスワーゲン・シロッコ(Volkswagen Scirocco)」を復活させました。

シロッコはフォルクスワーゲン・ゴルフをベースとするスペシャルティカーで、新型も同様のコンセプトで開発されています。

フォルクスワーゲン・シロッコ(Volkswagen Scirocco)のコンセプトは毎日使えるスポーツカー。

ロー&ワイドな2ドアのクーペボディですが、ゴルフベースだけにフォルクスワーゲン・シロッコ(Volkswagen Scirocco)は背の低いハッチバックといった趣で、大人4人が快適に座ることが出来るスポーツカーとなっています。

そんなシロッコ(Scirocco)に用意されるエンジンは高トルク・低燃費を特徴とする3タイプで、最高出力は122psから200psとなっています。

毎日使えるスポーツカーがコンセプトだけに、フォルクスワーゲン・ゴルフR32に搭載される250psの3.2リッターV6エンジンは、シロッコ(Scirocco)に採用されないようです。

ただ、200psのエンジンは、ゴルフGTIに搭載されている独自の直噴テクノロジーとインタークーラー付ターボチャージャーを組み合わせた2.0T−FSIエンジンだと思われます。

ゴルフGTIのスタイルは実用的な4ドアハッチバックですが、手軽に楽しめるスポーツカーというコンセプトも併せ持ています。

同じ200psエンジンを搭載したシロッコ(Scirocco)が登場すると、ゴルフGTIとの決定的な違いはスタイルということになりそうです。


フォルクスワーゲンがジュネーブモーターショーで出展するもう1台の注目モデルは、ゴルフTDIハイブリッドです。

ディーゼルエンジンにハイブリッドシステムを組み合わせた、フォルクスワーゲン初の“ディーゼルハイブリッド”で、7速DSGとの組合せにより100km走行あたり必要な燃料が3.4リットルと、抜群の燃費性能を誇ります。

このほかジュネーブショーでは天然ガス燃費車の「パサート ヴァリアント TSIエコフューエル」や「シャラン・ブルーモーション」、4ドアクーペの「パサートCC」なども展示されています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。