「フィアット500」が欧州カーオブザイヤー2008を受賞


スポンサードリンク


イタリア自動車大手フィアット(Fiat)の「フィアット500」が19日、欧州22か国のモータージャーナリスト58人が選考委員を務める欧州カーオブザイヤー2008を受賞しました。


フィアット500は、フィアットが50年前に発売したNUOVA500の復刻版モデルです。

そのため、フィアット500はレトロ感覚あふれるデザインが特徴となっています。

フィアットには昔、500A(通称トポリーノ)と呼ばれるモデルがあり、今回のフィアット500は実質的な3代目モデルということになります。

ただ、フィアットNUOVA500が、ポルシェのようなリアエンジン・リアドライブ方式だったのに対し、今回のフィアット500は一般的なFF方式となってます。

実質的な内容はフィアット・パンダと変わらず、フィアット500には1200ccと1400ccのガソリンエンジン、それに1300ccのディーゼルターボエンジンと3種類のエンジンが搭載されています。

フィアット・パンダ譲りの高品質な基本性能と、レトロな雰囲気を醸し出すデザインの融合が、フィアット500受賞の決め手になったのでしょうか。


今回欧州カーオブザイヤーを受賞した、フィアット500の先代モデルとも言えるフィアットNUOVA500は、イタリア語で500を意味する「チンクェチェント」(cinquecento)という愛称で親しまれているモデルで、ヨーロッパのみならず世界中で未だに人気のあるクルマです。

日本で有名になったのは、映画「ルパン三世 カリオストロの城」で、ルパンの愛車として登場してからです。

ルパン三世と言えば、記念すべき第1回放映の舞台がサーキット場、それに愛車のベンツSSK1928と、クルマやオートバイがカッコよく取り扱われていました。

そんな中、「ルパン三世 カリオストロの城」の劇中で縦横無尽に駆け回るフィアットNUOVA500は、ベンツSSK1928に引けをとらない存在感を放っていました。

この新型フィアット500、最新のコンポーネンツを身にまとったNUOVA500とは全く別物のモデルとは言え、そのデザインは極めて魅力的です。

NUOVA500の購入を諦めていたルパン三世ファンにとって、大いに魅力的なクルマであることに間違いありません。



中東国際モーターショーに、メルセデス・ベンツSLR マクラーレン ロードスター登場


スポンサードリンク


アラブ首長国連邦のドバイ(Dubai)で15日、第9回中東国際モーターショー(Middle East International Motor Show)の記者発表会が行われ、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の新型SLRマクラーレン・ロードスター(McLaren Roadster)

やロールスロイス(Rolls-Royce)の2008年型ファントム・ドロップヘッドクーペ(Phantom Drop Head Coupe)などが公開されました。

オイルマネーで沸く中東で開催されるモーターショーだけに、自動車メーカーも高価なモデルの展示が多いようです。

確かに、ここでハイブリッド車や燃料電池車といったガソリンエンジンに替わる次世代車や、省エネ車を紹介しても受けないでしょう。

メルセデスは、東京モーターショーではディーゼルエンジンで使用する軽油のようにガソリンを自然発火させる技術「ディーゾット」を売りにしたラグジュアリーコンセプトカー「F700」を大いにアピールしてました。

しかし、この中東国際モーターショーでは石油王達を意識して「メルセデス・ベンツSLR マクラーレン ロードスター」をメインとしているようです。

このメルセデス・ベンツSLR マクラーレン ロードスターは、2003年に発売され、現在は販売停止となっているクーペモデル「メルセデス・ベンツSLRマクラーレン」のオープンモデルです。

AMG製エンジンは、従来のSLRマクラーレンと同じスーパーチャージャー付の5.5リッターV型8気筒で、最高出力626ps!!。

オープンルーフは、最近小型のオープンカーでも電動式のハードトップ採用が増えていますが、メルセデス・ベンツSLR マクラーレン ロードスターはソフトトップを採用しています。

やはり、リアルスポーツカーだけに軽量化というところにこだわったのでしょうか。

それにしても、これでもかとばかりに長いフロントノーズに対して極端に短いリアエンド、特にメルセデス・ベンツSLR マクラーレン ロードスターの横からの眺めは、F1マシンを彷彿させるスタイリングです。

日本での販売価格は7,000万円!

メルセデス・ベンツSLR マクラーレン ロードスターは、中東でもそれに近い価格で販売されるのでしょう。

しかし、石油王達にとっては、どうってことのない価格なのでしょう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。