エクシーガ(EXIGA)の走行性能


スポンサードリンク

「エクシーガ(EXIGA)」は、「7シーター パノラマ ツーリング」をキャッチコピーとした快適キャビンが自慢の新型7人乗りミニバンです。
しかし、スバルと言ったらやはり高い動力性能を持つイメージが強いだけに、ミニバンであるエクシーガの動力性能にも抜かりはありません。
エンジンは当然のことながら水平対向4気筒となっています。
エクシーガにも、フォレスターやインプレッサ同様、2リッターDOHCのNAとターボがラインナップされます。
ただ、エンジン形式はフォレスターと同様と思われますが、エクシーガ用に低中速トルクを重視したセッティングが施される見込みです。
エクシーガ(EXIGA)の予想スペックは、NAが最高出力145馬力、最大トルク19.8kg-m、ターボが最高出力230馬力、最大トルク32.5kg-m。
ターボモデルなら、ミニバンながらセダンやクーペに負けない動力性能を発揮することは確実です。
更にターボ仕様のエクシーガのトランスミッションには、レガシィでお馴染みのSIドライブも搭載されます。
また、スバルのお家芸の4WD、シンメトリカルAWDはエクシーガでも健在です。
現行インプレッサから始まり、次期レガシィにも使われるSIシャーシーがエクシーガ(EXIGA)にも採用されています。
まさしくスバルのテクノロジーが余すことなく取り入れられており、エクシーガもスバルらしい走りを味わうことができそうです。
エクシーガはレガシィと同様、ヒンジドアが採用されています。
ボディのスタイリングも基本部分は良く似ており、まさしくエクシーガは7人乗り版レガシィといった感じです。
スバルにはスライドドア搭載車種が無く、コストの問題から新型ミニバンであるエクシーガのドア形状がヒンジドアになったのかもしれません。
しかし、スライドドアはボディ剛性の面で不利です。
結果論かもしれませんが、エクシーガ(EXIGA)はヒンジドア採用により、ボディ剛性の面でも優秀な性能を発揮することは確実です。


エクシーガ(EXIGA)の室内空間コンセプト


スポンサードリンク

「エクシーガ(EXIGA)」は、スバル(富士重工業)が発売する新型7シーターミニバンです。
車体設計から自身で行った、スバル初の自社開発ミニバンです。
そんなエクシーガの開発キーワードは「7シーター パノラマ ツーリング」。
スバルと言えば、水平対向エンジン、シンメトリカルVTD-AWD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)等、技術的なイメージがありますが、レガシィのロングランヒットには大人7名が快適に乗車できる優れたパッケージングも大きな要因と言えます。
エクシーガ(EXIGA)の開発においても、その部分は徹底的に検討されてきました。
「乗員7人全員が開放感を味わいながらドライブを楽しめる」をエクシーガのコンセプトに採用されたのが、キャビンを取り囲む広いグラスエリアと、リアドアまで伸びた広いグラスルーフです。
ミニバンは多人数乗車が目的のクルマながら、ライバルとの競合上、スタイリング、燃費、ユーティリティー等様々な要素が絡んできます。
エクシーガ(EXIGA)は、様々な要素を加味しながらも7シーターとしての基本が第一に考えられています。
そのエクシーガの予想サイズは、全長4780×全幅1775×全高1630mmで、ホイールベースは2750mm。
一方、現行レガシィ・ツーリングワゴン(2.0GT)は、全長4680×全幅1730×全高1470mmで、ホイールベースは2670mm。
現在のレガシィ・ツーリングワゴンは大人5人のための快適なキャビンを確保しています。
エクシーガはレガシィより100mm長く45mm幅広く、160mm高くなり、ホイールベースも80mm延長されています。
一辺一辺の数字的な伸びはそれほど大きくありませんが、エクシーガの空間としての容量は大きくアップしているものと思われます。
サイドラインが後方にいくほどせり上がるエクシーガのサイドビューはレガシィと同様の手法で、数値以上の快適キャビン造りに寄与しています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。