エクシーガ(EXIGA)のライバル比較 ホンダ・ストリーム


スポンサードリンク

スバル初の自社開発7人乗りミニバン「エクシーガ(EXIGA)」。
レガシィ、インプレッサ等を擁するスバルだけに、当然のようにエクシーガもスポーツ性がクローズアップされます。
そのあたりはスバルも心得ていて、スバリスト達の期待に応えるミニバンとなっています。
そんなスポーツミニバン、エクシーガ(EXIGA)に対抗するライバルの第一候補としては、ホンダのミニバンが挙げられます。
エクシーガには、フォレスターやインプレッサ同様、2リッター水平対抗エンジンのNAとターボが搭載されています。
排気量から見れば、2リッターエンジン搭載車を設定しているヒンジドア型ミニバン、ホンダ・ストリームが、エクシーガの直接のライバルとなります。
ストリームのボディサイズは全長 4,570mm 、全幅 1,695mm、全高 1,545-1,570mmとなっており、エクシーガ(EXIGA)より相当コンパクトです。
ただストリームのホイールベースは2,740mmもあります。
全長が210mmも長いエクシーガのホイールベースは2750mmと、ストリームとほとんど変わりません。
さすがロングホイールベースが特長のホンダ車だけあって、ストリームはコンパクトボディながら優れた数値を叩き出しています。
しかし、全高、全幅が大きいエクシーガ(EXIGA)との居住空間の広がり感は大きく異なります。
「基本的に少人数で乗るステーションワゴンで7人乗ることが出来る」というのが現行ストリームのコンセプトです。
「7シーター パノラマ ツーリング」を標榜し、大人7名が快適に乗車できる優れたパッケージングを追及したエクシーガとは生い立ちが全く異なります。
ユーザーの要求事項により、エクシーガ(EXIGA)とストリームの優劣は大きく変わります。
搭載エンジンにも、それぞれのキャラクターが出ています。
ストリームのエンジンには、2.0Lと1.8LのSOHC i-VTECが用意され、それぞれ150PSと140PSの出力を発生します。
このVTECエンジンは、従来よりロングストローク化され、部分負荷時に吸気バルブを遅閉じするミラーサイクルを採用し、従来よりも低速トルクの向上と低燃費を実現しています。
ただ、スポーツグレードとなるRSZでもサスペンションのセッティングやタイヤサイズ、パドルシフトの有無等が異なるのみで、ストリームの数値上のスペックにはサプライズはありません。
これに対し、エクシーガ(EXIGA)の予想スペックは、NAが最高出力145馬力、最大トルク19.8kg-m、ターボが最高出力230馬力、最大トルク32.5kg-mとなっています。
ターボモデルのエクシーガのパフォーマンスはミニバンとして圧倒的で、かろうじてNAモデルがストリームの対抗になるスペックと言えます。
しかもエクシーガのターボモデルの足回りは、スバルのお家芸の4WD、シンメトリカルAWDで武装されています。
ストリームも強靭なシャーシとミニバンらしからぬクイックなステアリング特性で、特にRSZは驚異的な運動性能を持っていますが、絶対的な動力性能を誇るエクシーガ(EXIGA)相手では分が悪そうです。

エクシーガ(EXIGA)のライバル比較 ホンダ・オデッセイ


スポンサードリンク

「エクシーガ(EXIGA)」は、スバルが始めて自社開発した新型7人乗りミニバンです。
レガシィ、インプレッサ等を擁するスバルだけに、エクシーガはミニバンと言えど、スポーツ性がクローズアップされます。
そのあたりはスバルも心得ていて、スバリスト達の期待に応えるミニバンとなっています。
そんなエクシーガ(EXIGA)だけに、ライバルの第一候補としては、ホンダのミニバンが挙げられます。
エクシーガには、フォレスターやインプレッサ同様、2リッター水平対抗エンジンのNAとターボが搭載されています。
排気量から見れば、ホンダ・ストリームが2リッターエンジン搭載のヒンジドア型ミニバンですが、ボディサイズから見ればオデッセイがエクシーガの直接のライバルとなります。
ホンダ・オデッセイのボディサイズは全長 4,765mm、全幅 1,800mm、全高 1,550-1,570mmと、全長4780×全幅1775×全高1630mmのエクシーガに比べ、ワイドアンドローのスタイリングとなっています。
このあたりはいかにもホンダらしいところで、実際オデッセイに乗ってもミニバンという感じはしません。
まさしく7人乗りのツーリングワゴンといった趣が、オデッセイにはあります。
一方、オデッセイに比べると全高は高いものの、エクシーガもミニバンとは思えない地を這うスタイリングを身にまとっています。
まさしく7人乗りのレガシィ・ツーリングワゴンと言ってもよいほど、エクシーガ(EXIGA)はスポーティーです。
ただ、実際の動力性能のパフォーマンスはかなり違いそうです。
ホンダ・オデッセイには、一部グレードにマニュアルモード付CVTが設定されています。
低重心スタイルの利点を生かし、オデッセイの運動性能は高いため、同社がかつて生産していたプレリュードやインテグラ等のスポーツモデルからの乗り換えユーザーもかなりいます。
オデッセイの搭載エンジンは、2.4リッター(K24A型 直4 DOHC 16バルブ・i-VTEC)で、通常タイプは160ps、アブソルートに搭載されるスポーツタイプは200psとなっています。
ホンダエンジンだけに、実際の走行フィールは素晴らしく、数字以上のパフォーマンスをオデッセイは発揮します。
しかし、エクシーガ(EXIGA)の予想スペックは、NAが最高出力145馬力、最大トルク19.8kg-m、ターボが最高出力230馬力、最大トルク32.5kg-mとなっています。
NAエンジンは標準的な出力ですが、ターボモデルのエクシーガのパフォーマンスがミニバンとして圧倒的なものになるのは確実。
しかも支える足回りは、スバルのお家芸の4WD、シンメトリカルAWDはエクシーガでも健在です。
現時点でのエクシーガのパフォーマンスは圧倒的と言えます。
ただ、新型オデッセイが2008年10月頃に発表予定となっています。
ボディは低い全高はそのままで幅が広くなり、エクシーガよりも更に先進的なフォルムに生まれ変わりそうです。
エンジン基本的に変わらないようですが、エクシーガとオデッセイの本格的なライバル関係は、新型に移行してからとなりそうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。