マツダ・ビアンテのライバル 日産・セレナ


スポンサードリンク

マツダが新しく発売する新型8人乗りトールタイプミニバンの「ビアンテ」。
マツダには、既にMPV、プレマシーというミニバンがあり、ビアンテはその中間に位置する激戦区のカテゴリーに投入されるモデルです。
それだけに、トヨタ・ヴォクシー/ノアや日産セレナ、ホンダ・ステップワゴンと、ライバル車も各社を代表する人気モデルとなっています。
そんな中、好調な売れ行きをキープしているのが日産のセレナで、ビアンテの好ライバルと言えます。

元々、FFタイプの8人乗りトールタイプミニバンというジャンルを確立したのが、ステップワゴンです。
ビアンテはこのホンダ・ステップワゴンと同じコンセプトにあるモデルと言えます。
このジャンルにおいて、トヨタが持ち前の販売力でヴォクシー/ノアの販売力を伸ばし、日産セレナも現行型となり、ステップワゴンをリードする販売数量を保っています。
ビアンテは、これら強力なライバルを相手に、顧客開拓することになります。

日産セレナは、ラフェスタと同様、ルノーと共通のアライアンス・Cプラットフォームを用いており、MR20DE型直列4気筒DOHC2リッターエンジンが搭載されています。
2.4リッターエンジンを用意しているステップワゴン、2.3リッターエンジンを用意しているビアンテと比べ、エンジンラインナップは少し劣ります。

日産セレナのシフトコンセプトは、「SHIFT_capacity 1BOXの可能性をシフトする。」となっています。
最近の日産の例の漏れず、セレナも豊富なグレード、特別仕様車を用意しています。
地デジチューナー内蔵の特別仕様車「ハイウェイスター アーバンセレクション」(オーテック特装車)を始めとして、「ライダー」シリーズには「ライダーハイパフォーマンススペック」、「ライダーパフォーマンススペック」グレードが追加されています。
ビアンテは、比較的シンプルなグレード構成で出発することになっており、今後様々な展開が予想されています。
セレナはライバル車に比べ、かなりオーソドックスな創りになっています。
外観も、8人乗りトールタイプミニバンの正統派といった感じがします。
装備面でも、セレナにはエルグランドにも搭載されたアラウンドビューモニターを搭載したグレードが設定されている程度です。

一方のビアンテは、除菌効果のある松下電工の「ナノイー(nanoe)」でイオンを発生し、アレル物質(アレルギー症状の原因となるタンパク質)を抑制する松下電器産業の「アレルバスター」フィルターで空気の汚染を防ぐというシステムを採用しています。
更にビアンテは、消臭性天井や汚れが付着しにくい表面加工のシートでクリーン効果をアップさせています。

セレナのボディサイズは、全長4650mm、全幅 1695mm、全高 1840mmとなっています。
ライバルのステップワゴンがダウンサイジングする中、セレナはスケールアップして室内空間をアップさせました。
しかし、ビアンテは、全長4715mm、全幅1770mm、全高1835mmと完全なる3ナンバーサイズで登場しました。
2リッタークラスミニバントップの室内空間をビアンテは謳い文句にしています。
ライバル車で室内空間をアピールしているセレナを更に上回ることで、ビアンテは8人乗りトールタイプミニバンを望むユーザーにその積載性、ゆとりを大きくアピールしています。

マツダ・ビアンテのライバル ホンダ・ステップワゴン


スポンサードリンク

マツダがMPV、プレマシーに加えて、ミニバンの中でも最も人気の高いカテゴリーである8人乗りトールタイプミニバンに投入した「ビアンテ」。
トヨタ・ヴォクシー/ノアや日産セレナ、ホンダ・ステップワゴンといった、各社を代表する人気モデルがビアンテのライバルとなります。
そんな中、ビアンテと最もコンセプトが近く、ガチンコライバルになると思われるのがホンダ・ステップワゴンです。

ステップワゴンは3代目オデッセイなどと同様に低床化を推し進め、室内の広さを維持したまま、先代より全高、全長を低く抑えました。
トヨタ・ヴォクシー/ノアに比べて取り回しが難しいというのがダウンサイジングした最大の理由でしょうが、同時にステップワゴンは8人乗りトールタイプミニバンとしては異色とも言えるスポーティーなルックスを手に入れました。
またステップワゴンはミニバンでありながら、TypeRまで進化するDOHC−VTECを始めとするホンダDNAとも言える走りの良さを、しっかりと受け継いでいます。

一方のビアンテもRX−8、アクセラ、新型アテンザ等を生み出したマツダのミニバンだけあり、スポーティーな外観が身上となっています。
ビアンテの走行性能も、マツダDNAをしっかりと受け継いでいます。
このようにステップワゴンとビアンテは、生い立ちが酷似しているだけに、方向性も自ずと似てきます。

最も序実に表れているのがスタイリングです。
ビアンテとステップワゴンの外観は、ビアンテが真似したのでは?と思えるほど似ています。
ステップワゴンは、ライバルとの対抗上、これまで助手席側のみであったスライドドアを現行型では両側に採用しています。
もちろん、ビアンテも両側スライドドアとなっています。

ステップワゴンは、林テレンプによる、乗用車では珍しい明るい木目調の「フローリングフロア」や、採光目的の半透明ガラスを用いた「トップライトルーフ」といった新しいオプションを用意していました。
ビアンテも除菌効果のある松下電工の「ナノイー(nanoe)」でイオンを発生し、アレル物質(アレルギー症状の原因となるタンパク質)を抑制する松下電器産業の「アレルバスター」フィルターで空気の汚染を防ぐというシステムを採用しています。
更にビアンテは、消臭性天井や汚れが付着しにくい表面加工のシートでクリーン効果をアップさせています。

ステップワゴンは、全長 4,630mm、全幅 1,695mm、全高 1,770 - 1,785mm、ホイールベース 2,855mmと、現行型でも5ナンバーサイズをしっかりと守っています。
これに対しビアンテは、全長4715mm、全幅1770mm、全高1835mmと完全なる3ナンバーサイズとなっており、2リッタークラスミニバントップの室内空間を実現しています。
ダウンサイジングしたステップワゴンに対し、ビアンテは8人乗りトールタイプミニバンを望むユーザーにその積載性、ゆとりを大きくアピールしています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。