ロールス・ロイスが「ファントム・ドロップヘッドクーペ」を韓国で発表


スポンサードリンク


英ロールス・ロイス(Rolls-Royce)は9日、新型コンバーチブル「ファントム・ドロップヘッドクーペ(Phantom Drophead Coupe)」の韓国での発表会をソウル(Seoul)市内で開きました。

排気量6749ccの直噴V型12気筒エンジンを搭載しており、韓国国内価格は7億7000万ウォン(約1億円)となっています。


2007年1月のデトロイトショーで話題となったロールス・ロイスの新型4人乗りオープンモデル「ファントム ドロップヘッドクーペ」が、韓国で発表されました。

フロントオーバーハングが短く、リアが長めというロールス・ロイス伝統のスタイルはファントムのオープンタイプと言えますが、ボディは完全な新設計。

確かに、ファントム ドロップヘッドクーペのフロントマスクは、ファントムに比べ丸目ライト部分が目立ちます。

いかつい印象のファントムに比べ、コンバーチブルらしい優雅さを感じさせます。

また特長的なのは、後部座席への乗車を考慮してドアが後ろ向きに開くところです。

ファントムはマツダのRX−8と同じく観音開きとなっており、ファントム ドロップヘッドクーペはそれらの後部ドアだけが付いているような感じです。

6749ccの直噴V型12気筒エンジンは、0−60マイル(約96km)加速タイムは5.7秒という高性能を誇りますが、本質的には高級サルーン。

それだけに静粛性にこだわっており、ソフトトップ式のルーフは5層構造となっています。

また、クルマのことをあまり知らない人にもその高級感を見せ付けるかのように、リアフードカバーにはチーク材が使われています。


それにしても驚きはその価格。

日本での車両本体価格52,185,000円にも大いに驚きましたが、韓国での販売価格はなんと1億円!

日本では、ファントム ドロップヘッドクーペの2007年生産枠の予約が、あっという間に完売しました。

日本の倍近い価格となった韓国でも、あっさり完売!となってしまうのでしょうか・・・。


レクサスIS−Fは5リッターV8搭載の最高級スポーツカー GT−Rと直接対決!


スポンサードリンク


トヨタ自動車が、レクサス ISの高性能バージョンIS−Fを12月25日に販売開始すると発表しました。

レクサスIS−Fのコンセプトは「基本性能を徹底的に鍛え込むとともに、走りの新技術を備えることにより、レクサスの新しいパフォーマンスを提案する」
  
レクサスISは元々、レクサスブランドの中でもスポーツ性をアピールした車でしたが、IS−Fはその中でも突出したグレードであることを強調しています。
  
先日、富士スピードウェイで行われた日本GPにも、トヨタはかなり宣伝に力を入れていましたが、IS−FのFは、富士スピードウェイをはじめとする国内外のサーキットで徹底的に鍛えたことの証だそうです。  


搭載されるエンジンは新設計の5リッターV8!

筒内直接噴射とポート噴射を併用する「D−4S」や可変バルブタイミングの「デュアルVVT−i」、吸気バルブの連続可変リフト機構「VVT−iE」といった最新技術を採用することで、最高出力423ps、最大トルク51.5kg−mという高性能を誇ります。  
  
また、レクサスIS−Fはトランスミッションも特別で、LS460の8速ATをベースにIS−F専用の改良を加えた8速スポーツダイレクトシフトが搭載されています。

先日発売開始された三菱自動車のランサーエボリューション]に搭載されていると同じ2ペダルMTですが、変速レスポンスは世界最速レベルと謳われています。

これにより10.15モード燃費は8.2km/L、CO2排出量は1kmあたり283gとなっています。

先日のフランクフルトショーで出品されていたCO2排出量130g以下の車に比べると多く感じますが、レクサスIS−Fに搭載されているエンジンが5リッターであることを考えれば、かなり優秀なレベルのような気がします。

燃費も同様です(気合を入れて走ると、大幅に低下しそうですが・・)。


レクサスIS−Fは価格もウルトラ級で、ベース車に比べて大幅アップの766万円!

同じレクサスブランドの最高級車レクサスLS−460が770万円からです。

普通の人は、間違いなくLS−460を買うでしょう。

スポーツカーが好きな人でも、迷ってしまうのではないでしょうか。


更に気になるライバルが、日産のGT−Rです。

価格が700万円台後半ということで、まさしくレクサスIS−FはGT−Rに直接対決を挑むという形になります。

普通に考えれば、スポーツカー好きはGT−Rに流れそうな気がしますが、この価格帯での日本製スポーツカーの直接対決は初めてだけに勝負はフタを開けてみなければわかりません。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。