エクシーガ(EXIGA)はスバル初の自社開発7人乗りミニバン


スポンサードリンク

スバル(富士重工業)が、新型ミニバン「スバル・エクシーガ(EXIGA)」を6月17日に発表します。

エクシーガは3列シートを持つ、新しい7人乗りのミニバンです。

昨年10月の東京モーターショーでプロトタイプの「エクシーガ・コンセプト」が展示されていましたが、基本部分はそのままに市販車として登場します。

スバルにはトラヴィックという7人乗りミニバンがありましたが、2004年に販売終了しました。

ただ、これもオペルからのOEM供給だったため、エクシーガ(EXIGA)はスバル初の自社開発7人乗りミニバンということになります。

スバル好き、いわゆるスバリストは数多く存在します。

インプレッサやフォレスター等、スバルには個性的な車種が多いですが、その人気の源泉はやはりレガシィです。

そんなスバル車は好きだが、家族のためにミニバンの購入を考える人々は、泣く泣く他社に乗り換えるという手段をとらざるを得ない・・・・・、この状況を打破すべく登場するのがスバル・エクシーガ(EXIGA)です。

スバルとしてもミニバンという売れ線カテゴリーに自社ブランド車が無いというのは厳しい状況でした。

エクシーガ(EXIGA)は、スバル本体とスバリストの期待を一身に背負っての登場です。

それだけに、エクシーガにはスバルの強みが取り入れられること常に念頭において開発が進められていました。

スバルが長年培ってきたレガシィ・ツーリングワゴンのパッケージングに関するノウハウ、低重心で重量バランスに優れた水平対向エンジン、それを核としたシンメトリカルVTD-AWD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)、大人7名が快適に乗車できる快適なキャビン、東京モーターショーに出展されていた「エクシーガコンセプト」を踏襲したスバルらしいテイストの精悍なイメージあふれるスタイリング等、エクシーガ(EXIGA)には開発にあたって数多くのコンセプトが盛り込まれています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。