新型ティアナ モダンリビングコンセプトを進化させて登場


スポンサードリンク


日産自動車(Nissan Motor)が、5年ぶりにフルモデルチェンジした高級セダン「新型ティアナ(Teana)」を発売しました。
初代ティアナは「モダンリビングコンセプト」を標榜し、ウッドパネルをふんだんに使ったすっきりとしたインテリアをアピールしていました。
このコンセプトは成功し、このティアナ(Teana)のスタイルは「ティーダ」や「シルフィ」などにも派生しています。
昔は販売のトヨタに対し、技術の日産と言われたものですが、ハイブリッドエンジン等特に「技術力」が前面に出てきたトヨタに対し、日産はティアナを代表とするインテリアにこだわる車種が増えてきました。
この初代ティアナは世界40カ国以上で合計37万台以上販売されました。
日本でも人気の高かった車ですが、実はその半数が中国市場で販売されていました。
そのため、新型ティアナ(Teana)も日本より先に2008年4月の北京モーターショーでワールドプレミアされていました。
新型ティアナのCMも壇れいを起用した日本的なイメージが漂っていますが、新興国開拓の主力車というグローバルカーとしての側面を持っています。
そのため、今回の新型ティアナ(Teana)はロシア、中国でも6月に一斉発売されます。
新型ティアナには軽量かつ高剛性、低振動のボディ構造とともに、「D−プラットフォーム」と呼ばれる、低重心、高トルクに対応する新プラットフォームが与えられています。
同時にエクステリアも、先代の直線基調のクリーンなデザインから、インテリア同様“進化したモダン”を謳う立体感のあるダイナミックなものへと変化しました。
新型ティアナ(Teana)のインテリアは「乗る人すべてにおもてなしを」をキャッチフレーズに更に進化。
特徴的だったシートは先代イメージを引き継ぎつつ形状や構造を一新され、更に疲れにくくなっています。
代名詞だった助手席オットマンも新型ティアナ(Teana)に引き継がれています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/99640498

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。