フリード(FREED)のライバル比較 コンパクトミニバンに対するアドバンテージ


スポンサードリンク

ホンダ・フリード(FREED)が新機能を満載してデビューしました。
モビリオの後継となるだけに、パワーユニットは1・5リッターi-VTECにCVT(ホンダマルチマチックS)の組み合わせとなります。
フリード(FREED)のボディサイズが、全長が4215mm、全幅が1695mm、全高が1715mmであることからも、コンパクトミニバンの中で最も小さいカテゴリーに属するニューカマーとなります。
そんなフリード(FREED)の直接のライバルとなるのが、トヨタ・シエンタ、日産キューブ・キュービックです。
特にシエンタはスライドドアを採用しており、モビリオ時代から続くガチンコライバルとなります。
元々、フリード(FREED)が属するカテゴリーを確立したのはホンダでした。
大ヒットとはならなかったものの、モビリオで築いたカテゴリーにトヨタがシエンタで参入してきました。
一クラス上でもヒンジドアミニバンのホンダ・ストリームにトヨタ・ウィッシュが挑むという図式がありました。
ストリーム対ウィッシュは優劣がはっきりと付きましたが、モビリオはスペースユーティリティーを追求した角張ったスタイル、シエンタは斬新なスタイルと優れたシートレイアウト、キューブ・キュービックは実用性ミニマムながら最も優れた取り回しと走行性能で、3車共存してきました。
ただ、今回登場したフリード(FREED)は、これまでの図式を一変させる可能性を持っています。
ホンダ・フリードは、室内長が2625mmとモビリオより190mm長くステップワゴンより150mm短いだけという優れたスペースユーティリティーはそのままに、スタイリッシュなフォルムを兼ね備えたデザインとなっています。
シエンタにはエアロを装備したユーザーも多く、キュートなデザインもさることながらスポーティーなデザインも望んでいたことが伺えました。
今回のフリード(FREED)はエアロがよく似合うスポーティーなスタイリングとなっています。
更に最新のシビックのプラットフォームをベースとしているだけに、フリード(FREED)の走行性能がシエンタはもちろん、キューブ・キュービックも上回るのはほぼ間違いないところ。
そして極め付きは、8人乗り仕様車の設定。
「2−3−3」のシートレイアウトのフリード(FREED)は、トヨタ・シエンタや日産キューブ・キュービックにない最大のアドバンテージとなります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【エアロ】についての検索結果をリンク集にして…
Excerpt: エアロ に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます…
Weblog: あらかじめサーチ!
Tracked: 2008-05-31 01:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。