ホンダ・フリード(FREED) 大々的な宣伝を打っていよいよデビュー


スポンサードリンク

モビリオの後継モデル、ホンダ・フリード(FREED)がいよいよ5月29日に正式デビューします。
TVCMや雑誌だけでなく、電車の中吊り広告でも大々的にアピールする等、ホンダのフリード(FREED)に対する力に入れようが伝わってきます。
最近、ホンダの新型車の発表はそれほど多くありませんでしたが、それにしてもこれほど露出の多い新車宣伝は久しぶりのように感じます。
フリード(FREED)のボディサイズは、全長が4215mm、全幅が1695mm、全高が1715mmで、プラットフォームはシビック系を採用しています。
モビリオやモビリオスパイクが、角張ったスタイルでコンパクトカーながらスペースユーティリティを最優先にしていたのに対し、ライバルとなるトヨタ・シエンタ、日産キューブ・キュービックへの対抗上、フリード(FREED)は劇的にスタイリッシュなフォルムを採用しています。
しかし、モビリオより若干ボディサイズを拡大した結果、ホンダ・フリードの室内長は2625mmとモビリオより190mm長くステップワゴンより150mm短いだけという立派な数字となっています。
まさしくフリード(FREED)は、スタイルとユーティリティを両立した魅力的なコンパクトミニバンです。
この優れた実用性を最大限に生かすべくホンダが提案したのが、このクラス初の8人乗り設定です。
ホンダの新型コンパクトミニバン、フリードには5人乗りの2列シート車と7人乗りおよび8人乗りの3列シート車が用意されているのです。
7人乗りは前席と後部座席間の移動が自在に行える左右独立式のキャプテンシートで、8人乗りはベンチシートという設定になっています。
さすがに大人8人乗りは厳しいでしょうが、仲のよい2組の4人家族を運ぶコミューターとして、フリード(FREED)は最高の役割を果たしてくれそうです。
グレード体系は、7人乗り仕様車が標準タイプの「G」とエアロ仕様の「Gエアロ」と「Giエアロ」の3タイプ。
一方、フリードの8人乗り仕様車は、「G」と「Gエアロ」の2タイプとなっています。
また、モビリオも5人乗りとして別車種モビリオスパイクを用意していたように、5人乗り仕様車のフリードは、標準タイプが「フレックス」、エアロ仕様が「フレックスエアロ」、「フレックスiエアロ」とフレックスの名称が与えられています。
「i」が付いているフリード(FREED)は最上級グレードで、15インチアルミホイールやスマートキーシステム等が標準装備となります。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。