ホンダがF1スーパーアグリへの財政援助を否定


スポンサードリンク


スーパーアグリ(Super Aguri)にエンジンと技術支援を行っているホンダ(Honda Motor)は17日、買収交渉中だった英国の自動車コンサルタント会社「マグマ・グループ(Magma Group)」の撤退により金銭面から危機的状況に陥っているスーパーアグリに対し、救済の手を差し伸べる考えがないことを発表しました。

ホンダの広報担当者は「我々は現在のサポート体制を続けていくだけです。スーパーアグリが我々に援助を求めていると報じられましたが、スーパーアグリからそのような財政的援助を求めるリクエストはありません」とコメントしています。

2005年後半に元F1レーサーの鈴木亜久里(Aguri Suzuki)氏が設立したスーパーアグリは、現在のところ現地27日に行われる第4戦のスペインGP(Spanish Grand Prix 2008)参戦に大きな疑問符が付いた状態です。 

3月の報道ではマグマ・グループがスーパーアグリの買収について話し合いを行っていると報じられていましたが、16日にマグマ・グループからスーパーアグリに対し「チームを取得するための資金を提供する予定がなくなった」との通知が届きました。

ホンダの広報担当者は「スーパーアグリの声明文を見てマグマ・グループとの交渉が終了したことを知りました」とコメントし、さらにスーパーアグリが14日から17日にかけて行われているバルセロナテストに参加していない理由については「初めから彼らはバルセロナテストには参加する予定はなかった」と資金難からやむを得ずバルセロナテスト参加を見送ったのではとの見方を否定しています。


スーパーアグリが大ピンチです。

F1開幕前から資金難が噂されていましたが、まさか序盤で運営存続の危機にさらされるとは・・・・・。

開幕前のテストもほとんど出来なかった状態だっただけに、スーパーアグリのマシンの熟成不足は明らかです。

他のチームが、予選で1/100秒の間で争っている中、スーパーアグリのマシンは蚊帳の外の状態でした。

しかし、佐藤琢磨とアンソニー・デビットソンは、戦闘力の劣るマシンで果敢に攻めていました。

琢磨とデビッドソンが併走して走るシーンが多かったのは、2人がマシンの実力をフルに引き出している証拠と言えるでしょう。

ただ、結果を出すことを求められるのがF1の世界だけに、いくら佐藤琢磨とデビッドソンが頑張っていても、日本以外のF1ファンにはほとんど目に入らなかったはず。

予選、本戦を通じて最下位近辺に低迷しているスーパーアグリのマシンから、マグマ・グループが手を引いたのも仕方ないのかもしれません。

ただ、ホンダが財政面のサポートに応える意思を示さなかったのは残念です。

ホンダF1チームもロス・ブラウンを迎えて再建の真っ只中だけに、仕方ないのかもしれませんが・・・。

仮にスーパーアグリのF1第4戦スペインGP以降のフル参戦が不可能になったとしても、日本GPのスポット参戦だけでも頑張って実現してもらいたいものです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93833194

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。