欧州版アコードベースの新型アキュラTSXが登場


スポンサードリンク

Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーター(本社:カリフォルニア州トーランス、社長:岩村 哲夫)が、ニューヨークモーターショーで新型アキュラTSXを公開しました。

アキュラには、日本で発売されているホンダ・レジェンドの米国版である最高級セダン「アキュラRL」と、ビガー、セイバー、インスパイアを起源とし、BMW3シリーズ等の対抗として現在ではアキュラブランド専用となっている「アキュラTL」という人気の高いセダンがあります。

アキュラTSXは、アキュラRL、アキュラTLの下に位置するスポーツセダンで、ジュネーブモーターショーで公開された欧州アコードセダンのアキュラ版。

エクステリアも、フロントグリルが迫力のあるものに変更となる以外は、欧州アコードとほとんど変わらないようです。

欧州アコードには、最高出力156ps/6300r.p.m.、最大トルク19.5kg-mの2.0リッター直4i-VTEC、最高出力200ps/7000r.p.m.、最大トルク23.7kg-m/4500r.p.m.を発揮する2.4リッター直4i-VTECの2種類のガソリンエンジンとともに、最高出力150ps/4000r.p.m.、最大トルク35.7kg-m/2000r.p.m.の2.2リッター直4i-DTECのディーゼルエンジンが用意されていました。

現行アキュラTSXはダイナミックな走りが好評で、欧州アコードに採用されている2.4リッター直4i-VTECが新型アキュラTSXに搭載されるものと思われます。


欧州版アコードは今年6月、アキュラTSXは今春からの発売が予定されています。

日本版アコードも、欧州版アコードがベースとなります。

高級ブランドであるアキュラTSXと同じベース車両となる日本版アコード。

レクサスが専用ブランドとしてソアラやセルシオを完全に統合し、トヨタ車と完全に分離していることを考えると、アキュラTSXと同スペックとなるアコードの価値は、かなり高いように感じます。

欧州アコードのサイズは、日本と欧州で高評価を受けている新型アテンザに近いだけに、そのスポーツセダンとしての実力が大いに期待されます。
この記事へのコメント
こんにちわ♪2度目の訪問しちゃいました^□^
更新がんばってくださいね♪また遊びにきまーす♪
Posted by 銀狼 at 2008年04月26日 14:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。