ホールデン・クーペ60(HOLDEN COUPE 60)の際立つ個性


スポンサードリンク

ホールデンは日本では馴染みの薄いメーカーですが、オーストラリア唯一の自国独自ブランドの自動車メーカーで、J.A.ホールデンが1856年にアデレードで馬具製造の会社として設立したのが起源です。

ホールデンが自動車の製造を始めたのは1925年からですが、1931年にGM系列となりシボレーのノックダウン生産を請け負っていました。

1940年代からは、オーストラリアの国情に合ったホールデン独自の中型車を開発し、オリジナリティを保っています。

1970年以降、ホールデンはトヨタ、マツダ、いすゞといった日本メーカーとも提携してOEM車の供給等を行っていました。

しかし、ホールデンのメインパートナーはGMで、アメ車好きにはかなり有名なブランドとなっています。

そんなホールデンが、ホールデンブランド車の60周年を記念してメルボルン国際モーターショー(Melbourne Motor Show)で発表したコンセプトカーが、ホールデン・クーペ60(Holden Coupe 60)です。

GMのコンポーネントを使用したFR・6.0リッターV8エンジンを搭載したスポーツモデルです。

ホールデン・クーペ60(Holden Coupe 60)には、スパルタンな内装に組み合わされた6MTやE85エタノール混合燃料に対応したパワーユニット等、数々の注目点がありますが、最大の魅力はそのスタイルです。

ヨーロッパ、特にドイツ車のスポーティーカーを彷彿とさせる美しい2ドアクーペスタイルのホールデン・クーペ60(Holden Coupe 60)ですが、ボディサイズはアメリカンでかなりグラマラスな印象も併せ持っています。

欧州車のスポーツモデルが持っている機能性、インテリジェンスを感じさせながら、アメ車的な迫力も感じさせる・・・・・。

ホールデン・クーペ60(Holden Coupe 60)は、オーストラリア発祥というホールデンの生い立ちが奏でる、独特の魅力を持ったスポーツモデルと言えます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/88417124

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。