BMW135iクーペの日本での販売がいよいよ開始


スポンサードリンク

ビー・エム・ダブリューは、BMW 1シリーズのクーペモデルとして、高精度ダイレクト・インジェクション3.0リッター6気筒パラレルツインターボエンジンを搭載した「BMW135i クーペ(Coupe)」を発売しました。

BMW 1シリーズ(5ドア)は2004年9月から日本で発売が開始され、コンパクトセグメントでは唯一の後輪駆動モデルとして人気を博してきたシリーズです。

今回、販売が開始されるBMW 135i クーペは、2007年夏に欧州で公開され、昨秋の東京モーターショーにも展示されたモデルです。

BMW135iクーペ(Coupe)に搭載されるエンジンは、BMW3シリーズのBMW335iに搭載されているエンジンと同じで、最高出力306馬力(225kW)/5,800rpm、最大トルク400Nm(40.8kgm)/1,300-5,000rpm を発揮します。

3シリーズより更にコンパクトなボディだけに、強烈な加速力が容易に想像できます。

BMW135iクーペは、後輪駆動はそのままに、50:50の理想的な前後重量配分を実現しています。

また、BMW135iクーペには、Mスポーツ・パッケージが始めから付いています。

そのため、横方向のサポートを強化するスポーツ・シート、トラクションを向上させボディー・ロールを抑えるMスポーツ・サスペンション、Mレザー・ステアリング、Mライト・アロイ・ホイールなどが標準装備されています。

また、空力的に最適化したMエアロダイナミクス・パッケージは、スポーティーなエクステリアの演出と共に、BMW135iクーペの走行性能を大幅にグレード・アップさせています。

BMW135iクーペの価格はMT538万円、AT549万円となっており、20〜30歳代の顧客をメインターゲットとしています。


強力なパラレル・ツインターボエンジンを搭載したBMW135iクーペですが、空力的に最適化したMエアロダイナミクス・パッケージによる外観は、インテリジェンスを感じさせる仕上がりとなっています。

それゆえBMW135iクーペは、羊の皮をかぶった狼といった感じがします。

個人的には、5ドアの通常のBMW1シリーズのほうがよりダイナミックなデザインに感じます。

5ドアの1シリーズに、BMW135i MーSportというグレードが存在しても意外と売れるかもしれません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。