スープラ後継と噂のハイブリッドスポーツカー「FT−HS」 豪州でお披露目


スポンサードリンク


トヨタ自動車(Toyota Motor)は25日、オーストラリアでハイブリッドスポーツコンセプト「FT-HS」を披露しました。

流線型のボディーにハイブリッドエンジンを搭載。

他モデルと同様3.5リッターV6ガソリンエンジンとモーターによるエンジンで、出力は合計300キロワットを発揮します。


デトロイトモーターショー2007で話題となった、スープラの後継モデルと噂されるFRハイブリッドスポーツカー「FT−HS」がオーストラリアでも披露されました。

全長4325mm、全幅1860mm、全高1290mmのボディサイズに、鋭角的な未来的趣向を取り入れた「FT−HS」のスタイリングは、北米トヨタのデザイン拠点、CALTYデザインスタジオによるものです。

流麗なスタイリングと高速域での車体の安定を両立する「エアロコーナー」と呼ばれる手法が採用されており、「フローティングCピラー」と呼ばれる特徴的なサイドラインと、鋭い閃光を放つLEDを配したFT−HSのフロントビューは、まさしく新時代のスポーツカーにふさわしい独創性を感じさせます。

更にFT−HSですごいのはルーフオープンシステムで、4座式のクーペボディから2座式のオープンボディに変化します。

また、FT−HSのパワートレーンは、3.5リッターV6+電気モーターの後輪駆動ハイブリッド・システムで、レクサスGS450hのものがベースですが、0-60マイル(0-96km/h)4秒台、最高速320km/hに達するポテンシャルまで引上げられると言われています。


スープラの最終モデル(A80系)は、3リッターの直6エンジンを搭載していました。

スープラとはFR駆動のスポーツカーという共通項はあるものの、ハイブリッドシステムを搭載したFT−HSは、全く別物と言っていいモデルです。

FT−HSは様々な先進機能を有するトヨタの新しいFRスポーツカーですが、目標とされる価格帯は3〜4万ドル(約330万円〜440万円)と言われています。

決して安い買い物ではありませんが、トヨタのV6、3.5リッターハイブリッドシステムを搭載した新世代の高級FRスポーツカーであることを考えれば、FT−HSの目標価格設定は驚異的です。

スポーツカーの販売不振からR34スカイラインGT−Rとともに排出ガス規制に対応されることなく消えていったスープラのファンは勿論、新時代の環境に対応したスポーツカーの登場を期待している人にとっても、市販化されれば、FT−HSは大いに魅力的なモデルとなりそうです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87290240

この記事へのトラックバック

衝撃!スープラの真実!!
Excerpt: hkb ステアリングボス g/m/a70系 スープラ みなさん、元気ですか?では...
Weblog: スープラの秘密知ってます?最新自動車情報
Tracked: 2008-04-19 02:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。