ホンダの燃料電池車「FCXクラリティ」 来年から日米でリース開始


スポンサードリンク

ホンダはLAモーターショーのプレスデーで、業界初となる乗用車型の燃料電池車「FCXクラリティ」を、2008年夏から米国でリースすると発表しました。

個人ユーザーを中心に月600ドル(約6万7000円)でのリース販売を予定しており、08年中に日本でもリースを始める予定となっています。

「FCXクラリティ」は、2005年6月に米国でホンダが個人ユーザー向けリース販売を開始した「FCX」の後継モデルです。

現行「FCX」のリース料は月額500ドルとなっており、これまでに35台を販売しています。

新モデルとなる「FCXクラリティ」は、ホンダ独自の燃料電池スタック「V Flow FCスタック」を採用し、更に水素や空気を縦に流す「V Flow(バーチカル・ガス・フロー)セル構造」と、水素・空気の流路を波形形状にした「Wave流路セパレーター」によって、最高出力が100kWに向上しています。

更に、電池の小型化と高性能化により、燃費性能は従来比20%増の水素1キロ当たり110kmに。

「FCXクラリティ」の燃料フル充填後の航続距離は、一般のガソリン車並まで引き上げられています。

更に電池の小型化はデザインの自由度を広げ、これまでのSUV(スポーツ用多目的車)型に代わり、乗用車ベースの車体に採用することが可能となりました。

「FCXクラリティ」のエクステリアには、レイアウト自由度を生かしたショートノーズの「ダイナミック・フルキャビン・セダンデザイン」を採用しています。

また、インテリアには初めて植物由来の新素材「Hondaバイオファブリック」を使用し、ここでも環境性能をアピールしています。

まさしく「FCXクラリティ」は、ホンダの燃料電池の技術力を世界に示す一台と言えそうです。


ガソリン代は、ついに150円台に入り、原油価格の情勢から更に高騰する可能性があります。

「FCXクラリティ」の量産化はまだまだ先で、ガソリンなどの化石燃料に頼らざるを得ない時代が、当面続くことになりそうです。

少しでも早くこれら次世代車の開発が進み、ガソリン依存から脱却したいものです。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66908344

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。