中嶋一貴が2008年シーズンのウィリアムズ正ドライバーに決定!


スポンサードリンク


F1の名門チーム、ウィリアムズ(Williams)は7日、2008年シーズンのチームドライバーに、ニコ・ロズベルグ(Nico Rosberg)のチームメイトとして日本の中嶋一貴(Kazuki Nakajima)を起用すると発表しました。

愛知県出身の中嶋一貴は、2007年シーズンにウィリアムズのテストドライバー兼リザーブ(サード)ドライバーとなり、最終第17戦・ブラジルGP(Brazilian Grand Prix 2007)の開催2週間前にモーターレースからの引退を表明したアレキサンダー・ブルツ(Alexander Wurz)の代わりに、ブラジルGPでウィリアムズのドライバーとしてF1デビューを果たしていました。

チームのフランク・ウィリアムズ(Frank Williams)代表は中嶋一貴が「スピードがあり、競争力のあるレーサーになるための的確な考え方を持ち合わせているドライバーである」と語っています。

ウィリアムズの公式ホームページ上で中嶋一貴は「素晴らしかった1年の締めくくりに相応しいことだと思います。3月にアルバートパーク(オーストラリアGP(Australian Grand Prix 2007)が行われたサーキット)でF1ドライバーとしてガレージから出て行ったことは本当に素晴らしい経験でした。そして、今回ウィリアムズのドライバーになることが決まって、夢が一つ叶った。来シーズン開幕までにやるべきことは山積みですが、ウィリアムズと(サポートを受けていた)トヨタが良い判断をしたと思えるように、やるべきことを全てやっていくように決意を固めました」と、決定を受けての抱負を語っています。


ついに中嶋一貴のウィリアムズからの正式F1デビューが決定しました。

あのフェルナンド・アロンソの移籍先の候補の一つにウィリアムスが入っていた時には、大丈夫かなと思いましたが。

ウィリアムズはフェラーリ、マクラーレンに次ぐセカンドパーティーの中の1チームですが、今シーズン、ルノーやBMWに先行を許す場面が結構ありました。

トヨタと接近戦を演じる場面も多く、終盤はレッド・ブルに追いかけ回されていることもありました。

しかし、ウィリアムズは過去に何度もコンストラクターズ・チャンピオンに輝いた名門チームです。

父である中嶋悟のF1デビューもロータス・ホンダという名門でしたが、ウィリアムズはそれ以上ではないでしょうか。

トヨタもこれまで以上に様々な面でチームをバックアップするでしょうし、来シーズンのウィリアムズは大化けする可能性があります。

ウィリアムズで中嶋一貴のチームメイトになるのは同じ二世ドライバー、ワールドチャンピオンを獲得したこともあるケケ・ロズベルクの息子ニコ・ロズベルクです。

二世ドライバー同士がF1のチームメイトになったのは、これまでに記憶がありません。

来シーズンのウィリアムズ・トヨタは、かなり話題を呼びそうです。

ただ、中嶋一貴には落ち着いたレース展開を期待したいものです。

これまでのレース成績を見ても、ハミルトンのようにいきなりトップギアに入るようなタイプではなさそうです。

しかし、ある程度慣れてくれば、中嶋一貴は確実に結果を残してくれそうです。

来シーズンのウィリアムズと中嶋一貴の活躍が、本当に楽しみですね。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。