ハミルトンが自伝本『Lewis Hamilton My Story』のフォトコールに出席


スポンサードリンク


2007シーズンにF1へ初参戦を果たし、4度の優勝と8度の表彰台入りを果たすなど鮮烈なデビューを飾ったマクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)は5日、自伝本『Lewis Hamilton:My Story』の発売を記念しロンドンで行われたフォトコールに出席しました。

1年前までモーターレース界以外では実質的に無名だったハミルトンの自伝には、2007シーズンの全レースの詳細がつづられています。


イギリスでのルイス・ハミルトンの人気は高いだけに、フォト・コールも盛況だったようです。

F1でワールドチャンピオンを狙えるドライバーというのは、デビューからして鮮烈です。

ミハエル・シューマッハも、デビューとなった91年のベルギーGPで、ジョーダン・フォードという中位グループのマシンにもかかわらず、いきなり予選7位を獲得しました。

当時のシューマッハも、間違いなく並のF1ドライバーでない雰囲気を、当時から漂わせていました。


一方のルイス・ハミルトンは、いきなりトップチームのマクラーレン・メルセデスから参戦と、前例のないデビューでした。

アイルトン・セナやミカ・ハッキネンといったF1下位のカテゴリーで活躍してF1にステップアップした名ドライバーでも、F1デビューは中位以下のF1チームからでした。

戦闘力の劣るマシンで上位チームのマシンを追いかけまわすことで、その存在感、実力をアピールしていました。

ハミルトンはいきなり勝つことを求められたわけですから、これまでにないプレッシャーがあったはずです。

しかし、ハミルトンは、レーサーは「勝つことが仕事」とシンプルに考え、冷静にグランプリを戦い抜きました。

まるでタイガー・ウッズのようです。

黒い上着を着たフォトコールでのハミルトンは、余計にタイガーウッズとオーバーラップして見えます。

来シーズンも、更なる活躍が期待されています。


ところで、自叙伝の中で、確執のあったフェルナンド・アロンソのことがどれくらい書かれているのか、興味深いところです。

そのアロンソは、ルノーの他、レッドブル、ウィリアムズ、ホンダ等、様々なチームからオファーがあるようです。

どのチームに行っても、今シーズンのマクラーレン・メルセデスより戦闘力が落ちるのは確実で、アロンソがどれくらい自分の実力で成績を押し上げるか、進化を問われそうです。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。