ビアンテの「ナノイー(nanoe)」と「アレルバスター」


スポンサードリンク

マツダが発売する8人乗りトールタイプ新型ミニバン「ビアンテ」。
ライバルとなるトヨタ・ヴォクシー/ノアや日産セレナ、ホンダ・ステップワゴンより一回り大きいボディサイズを採用し、ビアンテは2リッタークラス最大の室内スペースを確保しています。
エンジンは、排気量2.0リットルのDOHC直噴ガソリンエンジンと、マニュアルモード付き5速ATとの組み合わせとなる2.3リットルDOHCガソリンエンジンの2タイプを用意しています。
ライバルとの競合上、ビアンテの主力は2リッターエンジン搭載車になるものと思われます。

ただ、原材料価格高騰の影響もあり、ビアンテの価格は2.0リッター直噴(DISI)エンジン搭載のFF最廉価グレードの「20CS」が219万9000円、「20S」のFFが240万円、2.3リッターDOHCエンジン搭載の「23S」が265万円とやや高目となっています。
また、ビアンテにはトヨタ・ヴォクシー/ノアや日産セレナ、ホンダ・ステップワゴンといったガチンコライバルの他に、1.5リッターエンジン搭載の一つ下のカテゴリーながら8人乗りモデルを用意したホンダ・フリードという思わぬ伏兵ライバルも登場しています。


そんなビアンテが、躍動感のある個性的なスタイリングの他、室内面のウリとしているのが「ナノイー(nanoe)」と「アレルバスター」を採用したクリーンインテリアです。
清潔で快適な室内環境は、最近のニューモデルのトレンドとなりつつあります。
ビアンテも除菌効果のある松下電工の「ナノイー(nanoe)」でイオンを発生し、アレル物質(アレルギー症状の原因となるタンパク質)を抑制する松下電器産業の「アレルバスター」フィルターで空気の汚染を防ぐというシステムを採用しています。
更にビアンテは、消臭性天井や汚れが付着しにくい表面加工のシートでクリーン効果をアップさせています。

また、CMにも力を入れています。
ビアンテはCMのイメージキャラクターとして、タレントの劇団ひとりとオリジナルキャラクターである“最広(サイコー)ファミリー”を起用します。
ヴォクシー/ノアの他、日産セレナやホンダ・ステップワゴンがいかにも一般的なファミリーをイメージしたCM作りをしているのに対し、ビアンテは劇団ひとりと“最広(サイコー)ファミリーで個性を前面に出したCM戦略を展開します。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101895670

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。