エクシーガ(EXIGA)のライバル比較 トヨタ・マークXジオ


スポンサードリンク

「エクシーガ(EXIGA)」はスバルが初めて自社開発した7人乗りの新型ミニバンです。
レガシィ、インプレッサ等を擁するスバルだけに、当然のようにエクシーガもスポーツ性がクローズアップされます。
7人乗りのミニバンと言っても、エクシーガ(EXIGA)はヒンジドア採用のワゴンタイプで、ノア/ボクシィー、セレナ、ステップワゴン、ビアンテ等の多人数乗車+ユーティリティー要素を追及した箱型ミニバンとは異なります。
「エクシーガ(EXIGA)」も、「7シーター パノラマ ツーリング」をキャッチコピーとした、キャビンを取り囲む広いグラスエリアと、リアドアまで伸びた広いグラスルーフを備えた快適キャビンが自慢の新型7人乗りミニバンです。
ただ、ノア/ボクシィー、セレナ、ステップワゴン、ビアンテのような多用途に使える使い勝手の良さはエクシーガにはありません。
やはり乗客を快適にもてなす空間を持った新世代ミニバン、というのがエクシーガ(EXIGA)のキャラクターと言えます。
日本だけでなく世界をリードするトヨタ自動車で、エクシーガのライバルとして挙げられるのが、ミニバンとステーションワゴンの中間に位置する「新コンセプト」として取り扱っている「マークXジオ」です。
マークXジオは2005年の東京モーターショーにて発表されたコンセプトカー「FSC」を前身としており、実質的にマークIIブリットの後継車種となっています。
エクシーガも7人乗り版レガシィーとも言うべきステーションワゴンスタイルのミニバンだけに、コンセプトは共通しています。
マークXジオは、マークXのブランドとXマークが与えられていますが、マークXがクラウンベースでFRであるのに対し、ジオはブレイドベースのFFであり、実質的には全くの別物です。
正確にはブレイド・ジオのほうがふさわしいのかもしれません。
4WDの設定もあるので、エクシーガ(EXIGA)とのライバル関係が成立しています。
マークXジオは、「4+Free」というコンセプトのもと、独立4座+セダンモード・ワゴンモード・ミニバンモードの3種類のシートアレンジが可能となっています。
マークXジオのボディサイズは全長 4695mm、全幅 1785mm、全高 1550mm、ホイールベース 2780mm
全長はエクシーガより短いものの、ホイールベースは30mm長くなっています。
ただ、マークXジオは文字通り独立4座[2]が基本のため、エクシーガ(EXIGA)のような7人が快適に乗れる乗車スペースは確保されていません。
マークXジオに搭載されるエンジンは、163psの2.4リッター(2AZ-FE型)と280psの3.5リッター(2GR-FE型)の2タイプ。
一方のエクシーガ(EXIGA)の水平対抗2リッターエンジンのスペックは、NAが145ps、ターボが230psとなっています。
パワー的にはマークXジオの3.5リッターがbPですが、実際の数値的なスペックはボクサー4ターボであるエクシーガが一歩リードしそうです。
ただ、マークXジオの3.5リッターは、ゆとりを求めるターゲット顧客にマッチしたエンジンと言えます。
7人乗りの快適キャビンを備えながらも、スポーツ性能を重視しているエクシーガ(EXIGA)には無い魅力と言えます。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。