エクシーガ(EXIGA)の室内空間コンセプト


スポンサードリンク

「エクシーガ(EXIGA)」は、スバル(富士重工業)が発売する新型7シーターミニバンです。
車体設計から自身で行った、スバル初の自社開発ミニバンです。
そんなエクシーガの開発キーワードは「7シーター パノラマ ツーリング」。
スバルと言えば、水平対向エンジン、シンメトリカルVTD-AWD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)等、技術的なイメージがありますが、レガシィのロングランヒットには大人7名が快適に乗車できる優れたパッケージングも大きな要因と言えます。
エクシーガ(EXIGA)の開発においても、その部分は徹底的に検討されてきました。
「乗員7人全員が開放感を味わいながらドライブを楽しめる」をエクシーガのコンセプトに採用されたのが、キャビンを取り囲む広いグラスエリアと、リアドアまで伸びた広いグラスルーフです。
ミニバンは多人数乗車が目的のクルマながら、ライバルとの競合上、スタイリング、燃費、ユーティリティー等様々な要素が絡んできます。
エクシーガ(EXIGA)は、様々な要素を加味しながらも7シーターとしての基本が第一に考えられています。
そのエクシーガの予想サイズは、全長4780×全幅1775×全高1630mmで、ホイールベースは2750mm。
一方、現行レガシィ・ツーリングワゴン(2.0GT)は、全長4680×全幅1730×全高1470mmで、ホイールベースは2670mm。
現在のレガシィ・ツーリングワゴンは大人5人のための快適なキャビンを確保しています。
エクシーガはレガシィより100mm長く45mm幅広く、160mm高くなり、ホイールベースも80mm延長されています。
一辺一辺の数字的な伸びはそれほど大きくありませんが、エクシーガの空間としての容量は大きくアップしているものと思われます。
サイドラインが後方にいくほどせり上がるエクシーガのサイドビューはレガシィと同様の手法で、数値以上の快適キャビン造りに寄与しています。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100212567

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。