マツダ・ビアンテのライバル スバル・エクシーガ


スポンサードリンク

マツダが7月8日に発売を開始した新型ミニバン「ビアンテ」。
現在、マツダにはMPV、プレマシーというミニバンがラインナップされていますが、ビアンテはその中間に位置するニューモデルです。

この8人乗りのトールタイプミニバンというカテゴリーには、トヨタのヴォクシー/ノアや日産セレナ、ホンダ・ステップワゴンといった各社の人気モデルがひしめいています。
これらの人気車を相手にするだけでも大変ですが、8人乗りトールタイプ以外のミニバンにもニューカマーは続々登場しており、ビアンテのライバルとなります。

そんな中、異色の存在とも言えるのが、スバル(富士重工業)が発売した新型ミニバン「スバル・エクシーガ(EXIGA)」です。
スバル好き、いわゆるスバリストは数多く存在します。
インプレッサやフォレスター等、スバルには個性的な車種が多いですが、その人気の源泉はやはりレガシィです。
そんなスバル車は好きだが、家族のためにミニバンの購入を考える人々は、泣く泣く他社に乗り換えるという手段をとらざるを得ない・・・・・、この状況を打破すべく登場したのがスバル・エクシーガ(EXIGA)です。
それだけに、エクシーガにはスバルの強みが取り入れられること常に念頭において開発が進められていました。
それゆえ、ヴォクシー/ノアやセレナ、ステップワゴンをライバルに想定されたビアンテとは、生い立ちがかなり異なります。
スバルが長年培ってきたレガシィ・ツーリングワゴンのパッケージングに関するノウハウ、低重心で重量バランスに優れた水平対向エンジン、それを核としたシンメトリカルVTD-AWD(不等&可変トルク配分電子制御AWD)等、エクシーガ(EXIGA)には開発にあたってスバル独自の数多くのコンセプトが盛り込まれています。

一方のビアンテは、全長4715mm、全幅1770mm、全高1835mmと完全なる3ナンバーサイズで登場しました。
2リッタークラスミニバントップの室内空間を、ビアンテは謳い文句にしています。
これに対し、エクシーガの開発キーワードは「7シーター パノラマ ツーリング」となっており、後席ほどアイポイントが高くなることで、乗員に配慮しています。
ビアンテのようなミニバンにとって理想とされる室内空間やユーティリティーはありませんが、エクシーガもスバルの個性を前面に出しながらもミニバンの要求事項にも配慮されたパッケージングとなっています。

動力性能は、ビアンテが排気量2.0リットルのDOHC直噴ガソリンエンジンと2.3リットルDOHCガソリンエンジンという標準的なユニットを用意したのに対し、エクシーガはNAエンジンだけでなく得意の水平対向4気筒ターボも用意して、スバリストに期待に応えています。

マツダ・ビアンテのライバル ホンダ・フリード


スポンサードリンク

マツダがヴォクシー/ノア、セレナ、ステップワゴンといった8人乗りトールタイプミニバンという強力ライバルがひしめく激戦区カテゴリーに投入する「ビアンテ」。
マツダには、既にMPV、プレマシーというミニバンがあり、ビアンテはその中間に位置します。
ただ、ミニバンはコンパクトカーとともに人気カテゴリーだけに、8人乗りトールタイプミニバン以外のタイプにもニューカマーは続々登場しており、ビアンテのライバルとなります。

そんな他カテゴリーからのライバルの筆頭とも言えるのが、ホンダが新しく発売したフリードです。
フリード(FREED)のボディサイズは、全長が4215mm、全幅が1695mm、全高が1715mmで、プラットフォームはシビック系を採用しています。
搭載されるパワーとレインは、1・5リッターi-VTECにCVT(ホンダマルチマチックS)の組み合わせとなっています。
実質的にはフリードはモビリオの後継モデルで、直接的なライバルはトヨタ・シエンタと日産キューブ・キュービックとなります。
それゆえ、8人乗りトールタイプミニバンであるビアンテよりは、下のカテゴリーということになります。
しかし、モビリオより若干ボディサイズを拡大した結果、ホンダ・フリードの室内長は2625mmとモビリオより190mm長くステップワゴンより150mm短いだけという立派な数字となっています。
この優れた実用性を最大限に生かすべくホンダが提案したのが、このクラス初の8人乗り設定です。
ホンダの新型コンパクトミニバン、フリードには5人乗りの2列シート車と7人乗りおよび8人乗りの3列シート車が用意されているのです。

一方のビアンテは、全長4715mm、全幅1770mm、全高1835mmと完全なる3ナンバーサイズで登場しました。
2リッタークラスミニバントップの室内空間をビアンテは謳い文句にしています。
基本的にビアンテとフリードは同じ8人乗りと言っても、目指す方向性は異なっています。ビアンテは8人乗りトールタイプミニバンを望むユーザーにその積載性、ゆとりを大きくアピールしているのに対し、フリード(FREED)は、8人乗りは厳しいでしょうが、仲のよい2組の4人家族を運ぶといったシチュエーションで大いに活躍しそうです。
また原油価格高騰により、ガソリン価格がリッター200円に迫ろうかという状況で、ランニングコストの負担が軽いことは、フリードの大きなアドバンテージになります。

ビアンテの直接のライバルは、ヴォクシー/ノア、セレナ、ステップワゴンといった各社の人気8人乗りトールタイプミニバン達ですが、フリード(FREED)もかなり強力なライバルとなりそうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。