新型ティアナのライバル トヨタ・マークX


スポンサードリンク

日産自動車が、5年ぶりのフルモデルチェンジした「新型ティアナ」。
「乗る人すべてにおもてなしを」をキャッチフレーズに、ティアナのアイデンティティと言える「モダンリビングコンセプト」は健在です。
そんな新型ティアナの最大のライバルとも言えるのが、トヨタのマークXです。
マークUとローレルと言ったFRセダン同士のガチンコライバル時代から時を経て、マークUはマークXへと正常進化しました。
一方、ローレルというFRセダンが消滅した今、日産のアッパーミドルセダンはFFのティアナのみとなっています。
駆動方式が根本的に異なりますが、マークXとティアナは昔からのトヨタと日産のアッパーミドルセダンのライバル関係を引き継いでいると言えます。
ただ、マークXが新型ティアナのライバルと言っても、コンセプトは大きく異なります。
マークXは、先代マークUのラグジュアリーセダンのイメージから脱却し、大人のためのスポーツセダンの様相を強めました。
佐藤浩市を使用したCMも、マークXのスポーティーさを際立たせています。
一方の新型ティアナは、ウッドパネルをふんだんに使ったすっきりとしたインテリア等、初代からのモダンリビングコンセプトを継承しています。
「乗る人すべてにおもてなしを」をキャッチフレーズに助手席オットマンも新型ティアナに引き継がれています。
ただ、それだけではモデル末期が近づきながらも高い人気を誇るマークXに対抗するのは容易ではありません。
新型ティアナには軽量かつ高剛性、低振動のボディ構造とともに、「D−プラットフォーム」と呼ばれる、低重心、高トルクに対応する新プラットフォームが与えられました。
エンジンの搭載位置が低くなり、スポーティーさがアップしています。
これらはマークX対抗上、新型ティアナにとって重要なポイントです。
更に、最大の変更点はエンジンです。
先代譲りとなる3.5リッターV6「VQ35」エンジンは新型ティアナにも健在で、低中回転域のトルクと高回転域の出力を向上し、最高出力252ps/6000rpm、最大トルク34.2kgm/4400rpmにチューニングされています。
一方、主力エンジンの排気量を従来の2.3リッターから、2.5リッターにアップ。
新たに、2.5リッターV6の「VQ25」エンジンが新型ティアナに採用されました。
排気量が大きくなりましたが、新型ティアナは効率良く変速するエクストロニックCVT(無段変速機CVT)を全グレードに搭載して、1リットル当たりの燃費は12キロと、初代モデルと比べて約7%向上しました。
しかも2.5リッターエンジンはレギュラーガソリン仕様。
ガソリン価格高騰の時代、このクラスにとってレギュラーガソリン仕様は大きなアドバンテージとなります。
マークXの売れ筋も2.5リッターだけに、新型ティアナはライバルと同じ土俵で戦える環境が整いました。


新型ティアナ モダンリビングコンセプトを進化させて登場


スポンサードリンク


日産自動車(Nissan Motor)が、5年ぶりにフルモデルチェンジした高級セダン「新型ティアナ(Teana)」を発売しました。
初代ティアナは「モダンリビングコンセプト」を標榜し、ウッドパネルをふんだんに使ったすっきりとしたインテリアをアピールしていました。
このコンセプトは成功し、このティアナ(Teana)のスタイルは「ティーダ」や「シルフィ」などにも派生しています。
昔は販売のトヨタに対し、技術の日産と言われたものですが、ハイブリッドエンジン等特に「技術力」が前面に出てきたトヨタに対し、日産はティアナを代表とするインテリアにこだわる車種が増えてきました。
この初代ティアナは世界40カ国以上で合計37万台以上販売されました。
日本でも人気の高かった車ですが、実はその半数が中国市場で販売されていました。
そのため、新型ティアナ(Teana)も日本より先に2008年4月の北京モーターショーでワールドプレミアされていました。
新型ティアナのCMも壇れいを起用した日本的なイメージが漂っていますが、新興国開拓の主力車というグローバルカーとしての側面を持っています。
そのため、今回の新型ティアナ(Teana)はロシア、中国でも6月に一斉発売されます。
新型ティアナには軽量かつ高剛性、低振動のボディ構造とともに、「D−プラットフォーム」と呼ばれる、低重心、高トルクに対応する新プラットフォームが与えられています。
同時にエクステリアも、先代の直線基調のクリーンなデザインから、インテリア同様“進化したモダン”を謳う立体感のあるダイナミックなものへと変化しました。
新型ティアナ(Teana)のインテリアは「乗る人すべてにおもてなしを」をキャッチフレーズに更に進化。
特徴的だったシートは先代イメージを引き継ぎつつ形状や構造を一新され、更に疲れにくくなっています。
代名詞だった助手席オットマンも新型ティアナ(Teana)に引き継がれています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。