ホールデン・クーペ60(HOLDEN COUPE 60)の際立つ個性


スポンサードリンク

ホールデンは日本では馴染みの薄いメーカーですが、オーストラリア唯一の自国独自ブランドの自動車メーカーで、J.A.ホールデンが1856年にアデレードで馬具製造の会社として設立したのが起源です。

ホールデンが自動車の製造を始めたのは1925年からですが、1931年にGM系列となりシボレーのノックダウン生産を請け負っていました。

1940年代からは、オーストラリアの国情に合ったホールデン独自の中型車を開発し、オリジナリティを保っています。

1970年以降、ホールデンはトヨタ、マツダ、いすゞといった日本メーカーとも提携してOEM車の供給等を行っていました。

しかし、ホールデンのメインパートナーはGMで、アメ車好きにはかなり有名なブランドとなっています。

そんなホールデンが、ホールデンブランド車の60周年を記念してメルボルン国際モーターショー(Melbourne Motor Show)で発表したコンセプトカーが、ホールデン・クーペ60(Holden Coupe 60)です。

GMのコンポーネントを使用したFR・6.0リッターV8エンジンを搭載したスポーツモデルです。

ホールデン・クーペ60(Holden Coupe 60)には、スパルタンな内装に組み合わされた6MTやE85エタノール混合燃料に対応したパワーユニット等、数々の注目点がありますが、最大の魅力はそのスタイルです。

ヨーロッパ、特にドイツ車のスポーティーカーを彷彿とさせる美しい2ドアクーペスタイルのホールデン・クーペ60(Holden Coupe 60)ですが、ボディサイズはアメリカンでかなりグラマラスな印象も併せ持っています。

欧州車のスポーツモデルが持っている機能性、インテリジェンスを感じさせながら、アメ車的な迫力も感じさせる・・・・・。

ホールデン・クーペ60(Holden Coupe 60)は、オーストラリア発祥というホールデンの生い立ちが奏でる、独特の魅力を持ったスポーツモデルと言えます。

アロンソ ハミルトンの年間王者の可能性について語る


スポンサードリンク


F1に参戦しているルノー(Renault)のフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)は、ライバルのマクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)が、2008年シーズンの年間王者になる可能性があると語りました。

2007年シーズン、マクラーレンに所属しハミルトンとの辛らつな関係に1年間耐え続けた末、最終的に古巣のルノーへと復帰したアロンソは、英BBCのインタビューの中で2年目のハミルトンの優勝の可能性について聞かれ「おそらくできるだろう。1年間の経験を積んで、物事が簡単に思えてきているはず。それが彼のアドバンテージになるだろう」と話しています。

またアロンソは「1年経てば、コースやレースの進行具合もわかるようになる。それにプレッシャーにも対処できるようになる。つまり昨年に比べて圧倒的なアドバンテージが彼にはある」とも話しています。

2007年シーズンのハミルトンは、1ポイント差でフェラーリ(Ferrari)のキミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)に優勝をさらわれましたが、ハミルトンは持ち前のハイペースで見る人の度肝を抜き、4度のシリーズ優勝を経験しました。

しかしその一方でアロンソとの関係もハミルトンのクールな振る舞いと同様に決裂していき、チームもスパイ事件へと巻き込まれていきました。

先にハミルトンの優勝の可能性について語ったアロンソですが、優勝候補の本命にはライコネンを推しています。

アロンソは「フェラーリの二人とマクラーレンの二人が優勝を争うことになるだろう。しかしもし一人に絞れと言われれば、ライコネンを挙げる。彼は現世界王者であり、2008年シーズンも彼が優勝することになるだろう」と話しています。


アロンソの2008年F1展望には、これといった新鮮味はありません。

これまでの合同テストの結果を見ていると、フェラーリの強さは圧倒的です。

昔のフェラーリは、オフシーズンのテストでは敵なしでもいざGPが開幕するともたつくという伝統がありましたが、シューマッハの加入以来、そんな悪しき伝統は無くなりました。

今年のGPがフェラーリ中心で進む展開は、F1ファンなら容易に予測出来ます。

フェリペ・マッサもいますが、やはりワールド・チャンピオン最有力は、速さとともに強さを兼ね備えたキミ・ライコネンを挙げるのが順当なところです。

一方、少しフェラーリに少し水をあけられた感のあるマクラーレンですが、ルイス・ハミルトンの実力は昨年1年間の活躍で実証済みです。

ハミルトンが2008年シーズンでも優勝する確率は、極めて高いと言えます。


結局、アロンソが言いたかったのは、ルノーではとても優勝争いに食い込めないということなのでしょうか。

しかし、ルノーがフェラーリやマクラーレンに次ぐポテンシャルを有している可能性が高いだけに、ネルソン・ピケJrとともに、ドライバーの力量でフェラーリ、マクラーレンを追い回す走りを期待したいところです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。