アウディ、2007年決算を発表


スポンサードリンク


独自動車大手フォルクスワーゲン(Volkswagen、VW)傘下の高級車メーカー、アウディ(Audi)は11日、2007年決算を発表しました。

税引き後利益は26%増の約17億ユーロ(約2700億円)、税引き前利益は約50%増の29億ユーロ(約4600億円)でした。

またアウディは、今年の販売目標を100万台以上と発表しています。

更にアウディは先を見通しています。

アウディRS4、アウディA6、アウディTTロードスター等、人気の高い車種を数多く揃えていますが、今後毎年20億ユーロを新モデルに投資し、乗用車のモデル数を向こう8年間で現在の25種から40種に増やす計画も発表しています。

アウディは、ニューモデル拡充で2015年には世界販売台数を、150万台まで引上げる計画を立てています。


まさしく絶好調といった感じのアウディです。

レーシングスピリット息づく420psエンジン搭載のアウディRS4や、高級かつ上質感の漂うアウディA6等、現行モデルも大いに魅力的です。

アウディは中古車市場でも高い人気を誇っています。


そんなアウディの中でも、最も最近日本で販売が開始されたのがアウディA5。

この最新アウディクーペのデザインを担当したのは日本人です。

アウディは主力車種の車名にAを用います。

日本市場に投入されているのは、アウディA3スポーツバック(5ドアハッチバック:1.8〜3.2L)、アウディA4(4ドアセダン:1.8〜3.2L)、アウディA6(4ドアセダン:2.8〜4.2L)、アウディA8(4ドアセダン:3.2〜6L)で、アウディA5はA4とA6の中間となるクーペです。

アウディがA5のライバルとしているのが、メルセデスベンツCLKやBMW3シリーズクーペ、BMW6シリーズクーペといった同じドイツ製高級クーペです。

海外市場では、大小を問わずクーペの人気が衰えていません。

クーペはステイタス性があり、北米ではBMWクーペと日産のスカイラインクーペが人気を博しています。

正統派スタイルとも言えるアウディA5のクーぺスタイルは、高い人気を得そうです。


アウディA5に搭載されているエンジンは、ガソリン直噴技術を採用した3.2リッターのV6で、最高出力は265psを発揮します。

アウディには、A5と同じクーペモデルとしてアウディTTクーペがあり、搭載エンジンも同じとなっています。

しかし、アウディTTクーペはスポーツカーとも言える小気味いい軽快な走りができるクーペであるのに対し、アウディA5は、大人4人がきちんと座れるグランドツーリング的なクーペとして差別化を図っています。

また、アウディA5にはマニュアルモードを備えた6速ATと、アウディ伝統のクワトロ(フルタイム4WDシステム)が採用されています。


日本市場でのアウディA5の車両本体価格は695万円(消費税込み)で、年間700台の販売を目標としています。

アウディは、中古車になってからの買取価格も期待出来るだけに、アウディA5のコストパフォーマンスはかなり高そうです。

ジュネーブモーターショー、新型車が目白押し


スポンサードリンク


スイスのジュネーブ(Geneva)で開幕した第78回ジュネーブモーターショー(The 78th Geneva Auto Show)には、各自動車メーカーの新車が数多く展示されています。

環境をテーマにした新型車が目白押しの中、日産は自社の高級ブランド「インフィニティ」の新型インフィニティFX50を展示しています。

インフィニティFXは、スポーツカーとSUVの要素を融合させた上級クロスオーバーモデルです。

今回発表された新型インフィニティFX50も、基本的には従来モデルと同じ路線にある上級クロスオーバーモデルで、2008年6月から米国、10月から欧州にて発売予定となっています。

インフィニティFXは03年より北米などで販売されていますが、日本では販売されていません。

ポルシェ初のスポーツSUV「カイエン」がかなりの人気を博しているだけに、インフィニティFX50が日本市場に投入されたらかなり売れそうな気がするのですが・・・・・。


新型インフィニティFX50に搭載されるエンジンは新開発の5リッターV8エンジン(VK50VE)で、390ps(287kw)を発揮。

VVEL(バルブ作動角・リフト量連続可変システム)により、高トルク、低燃費、低エミッションも同時に実現しています。

また、新型インフィニティFX50は日産初の7速オートマチックトランスミッションに、アダプティブシフトコントロール(ASC)やシンクロレブコントロールを採用するとともに、マグネシウム製パドルシフトにより素早い変速によるスポーツドライビングを可能にしています。

更に、新開発のコンティニュアス・ダンピング・コントロール(電子制御式ショックアブソーバー)の採用やSUV車初となるリヤアクティブステアの採用により、新型インフィニティFX50はスポーティーなハンドリングと快適な乗り心地を両立させています。


エクステリアも、スポーツカーであることを大いにアピールしています。

今回の新型インフィニティFX50のデザインは、大胆な形状のフロントグリルや異形ヘッドライト・リアコンビランプ等、ひと目でFXと分かる個性と力強さが表現されています。

新型インフィニティFX50のシルエットは、ロングノーズとショートオーバーハングという伝統的なスポーツカースタイルを取り入れています。

また、インテリアも適度な囲まれ感を演出するダブルウェーブの流れを持つインストルメントパネル形状を採用し、新型インフィニティFX50がスポーツカーであることを主張しています。

その一方で、新型インフィニティFX50をSUVであることを、金属調塗装の6本スポーク21インチホイールを装備した大径タイヤが表現しています。

勿論、新型インフィニティFX50は日産が大いにアピールしているアラウンドビューモニター、インテリジェントクルーズコントロール、スクラッチシールドといった快適、安全装備も搭載しています。


スポーツSUVは数多く存在しますが、新型インフィニティFX50はスポーツ色を相当強く打ち出しており、それが強烈な個性となっています。
 


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。