ハミルトンへの差別行為でスペインGP開催中止の可能性


スポンサードリンク


スペイン・スポーツ上級評議会(CSD)は現地5日、同1日から3日にかけてスペインのバルセロナ(Barcelona)で行われたF1テストでマクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)が、スペインのファンから人種差別的な行為を受けた件について、英文化・メディア・スポーツ省からの情報を待っていることを明らかにしました。

この件に関して国際自動車連盟(Federation Internationale de l’Automobil、FIA)は同4日に、2008年シーズンにスペインのバルセロナとバレンシア(Valencia)で開催される予定の2大会を中止にする可能性もあると警告を発しています。

英国のゲリー・サトクリフ(Gerry Sutcliffe)スポーツ担当大臣は、近年スペイン国内で英国出身のスポーツ選手に対する人種差別的な侮辱があることを指摘し、同4日に国際自動車連盟とスペインのハイメ・リサベツキー(Jaime Lissavetzky)スポーツ担当大臣に対し、自身の懸念事項を文書にして送る予定であることを明かしました。

一方、スペイン・スポーツ上級評議会の広報担当者は、「この問題に関しては現段階で手紙もその他による通知も何も受けていない。もし何か通知があれば適切に応じるつもりです。またもしその手紙がリサベツキー氏宛ての親書であれば、サトクリフ氏へ個人的な反応があるであろう」と語っています。

スペインのファンが行った行為は、昨季マクラーレン・メルセデスに所属し、ハミルトンとチャンピオンを争ったスペインの英雄、フェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)が結果的にマクラーレンを去ることになってしまったことへの報復行為と考えられています。

バルセロナテストでは、黒いかつらに黒く化粧をし、表にはハミルトンの家族、また裏にアロンソ、ナンバー1と書かれたTシャツを着た観客のグループから、ハミルトンがピットを去る度に侮辱的な行為が繰り返されました。


まさしく最低な行為です。

ハミルトンが、意図的にアロンソを追い出したのなら多少のブーイングは避けられないところですが、外から見る限り、ハミルトンはチーム内のゴタゴタに冷静に対処していました。

仮にハミルトンに問題があったとしても、今回のような侮辱的な行為は許されません。


スペインでは、4月27日にバルセロナで行われるスペインGPだけでなく、8月24日にもバレンシアでヨーロッパGPが開催されます。

一部の心無いファンのせいで、2つのGPが開催されなくなったら一大事です。

地元カタロニア警察も、サーキットと協力して対応策を考えるとしています。

しかし、スペインではサッカーでも同様の人種差別行為が繰返されています。

今月中旬にもスペインでF1の合同テストが開催されますが、今回のような騒ぎが再び起きないか、大いに懸念されるところです。

光岡自動車が「オロチ(大蛇、Orochi)」の特別限定車「オロチ・ゼロ(大蛇・零)」を発表


スポンサードリンク


光岡自動車(Mitsuoka Motor)は、和製スーパーカー「オロチ(大蛇、Orochi)」の特別限定車「オロチ・ゼロ(大蛇・零、Orochi Zero)」(車体本体価格890万円)の予約受付をスタートしました。

オロチ(大蛇)は、日本初のスーパーカーとして光岡自動車より2006年10月に発売されました。

エンジンは3.3リッターのV6で、最高出力も233psと性能的にはやや物足りません。

しかし、2035mmというワイドな全幅に伝説の大蛇「八岐大蛇」をイメージしたという流線型のエクステリアデザインは独特の個性を発揮。

オロチ(大蛇)は独特のスタイルで、その存在感を示しています。

更に、購入者の個性を引き出すのがオロチ(大蛇)のウリで、ボディカラーは300色から、インテリアカラーは24色の本革から選べるというオーダーシステムを用意しています。

エクステリアとインテリアの組合せが7200通りあることになり、その販売台数からすれば同じ仕様のオロチ(大蛇)が存在する可能性はかなり低くくなります。

まさしく、オロチ(大蛇)はハンドメイドにこだわった少量生産のスーパーカーと言えます。

このようにオロチ(大蛇)は希少価値が高いだけに、価格の方もスーパーで、1140万円(税込み1197万円)します。

日本初の本格的スポーツカーであるホンダNSX−Rや、最新の日産GT−Rをも上回り、ポルシェ911カレラと肩を並べるプライスとなっています。

さすがにここまで来ると、必然的にオロチ(大蛇)ユーザーは限られた人になってしまいます。

そこで、光岡社長は「自動車マニアのみならず老若男女の方々に乗ってほしい」との願いを込め、年産20台で発表されたのが「オロチ・ゼロ(大蛇・零、Orochi Zero)」です。

オロチ(大蛇)の持つイメージはそのままに、よりシンプルなデザインと装備の簡素化によりオロチ・ゼロ(大蛇・零、Orochi Zero)は、オロチ(大蛇)より250万円安い890万円(税込み934.5万円)という価格が付けられています。

オロチ・ゼロ(大蛇・零、Orochi Zero)の主な変更点は

・ボンネットとエンジンフードのメッキーパーツの廃止
・ヘッドランプのアイラインおよび瞳のラインをシンプルな意匠に
・防音材や内装材の簡素化
・HDDナビやバックモニターそれにETCといった装備のオプション化

などです。

エクステリアの変更は、よりシンプルなオロチ(大蛇)を望んでいた人にとっては、むしろ好ましい変更と言えるかもしれません。

ただ、内張りの25%を本革から合成皮革への変更は、オロチ・ゼロ(大蛇・零、Orochi Zero)の購入を検討するユーザーからはあまり歓迎されないような気がします。

また、HDDナビやバックモニターそれにETCといった装備も、オロチ・ゼロ(大蛇・零、Orochi Zero)の潜在ユーザーにとって必需品と思えるのですが・・・・・。


オロチ・ゼロ(大蛇・零、Orochi Zero)が、オロチ(大蛇)に比べ250万円もプライスダウン出来た最大の要因は、エクステリアとインテリアのオーダーシステムを廃したことにあります。

オロチ・ゼロのボディカラーは「雷雲(ガンメタリック)」1色のみ、インテリアもブラックのみとなっています。

つまり、オロチのウリの一つである自分だけのオリジナル仕様を諦めるかわりに、250万円のプライスダウンを実現したオロチ・ゼロ(大蛇・零、Orochi Zero)の購入が可能ということになります。

しかし、幾ら安くなるとは言え、オロチ・ゼロ(大蛇・零、Orochi Zero)の価格は890万円!

普通の人が購入出来る価格ではありません。

また、ホンダNSX−Rは製造が中止されていますが、国産最新、最強のスポーツカー「日産GT−R」は、オロチ・ゼロ(大蛇・零、Orochi Zero)より100万円安い価格から設定されています。

ただ、オロチが欲しかった人にとっては、オロチ・ゼロだけに適用される残価設定タイプリース販売により、月々7万円台の支払い(ボーナス月別)で購入が可能となるだけに、かなり魅力的と言えそうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。