米市場でディーゼル車復権の可能性 ここでも米ビッグスリーの出遅れ


スポンサードリンク


騒音や悪臭がひどく信頼性も低いとして、米市場でディーゼル車が敬遠されるようになって20年。

ドイツと日本の自動車メーカー各社が、クリーンディーゼル技術で新世代ドライバーの獲得に意気込みをみせています。


■日本・ドイツ勢、相次ぎ新車種投入

 ホンダ(Honda Motor)は先ごろ、高級車ブランド「アキュラ」に08年からクリーンディーゼル・エンジンを搭載する計画を発表。

トヨタ自動車(Toyota Motor)も13日、トラック「タンドラ」とSUV車「セコイア」のクリーンディーゼル・エンジン・タイプを米市場に「近い将来」導入することを明らかにしています。

ドイツ勢では、ダイムラー(Daimler)がメルセデス・ブランドのディーゼルエンジン・タイプの売れ行き好調を発表しており、年内にもディーゼルエンジン搭載の新型SUV車を3モデル、米市場に投入するとしています。

BMWとフォルクスワーゲン(Volkswagen)も今秋、ディーゼル車を発表予定です。


■米メーカーは同調せず

だが「高性能・高燃費」なディーゼル車で消費者獲得を試みる国外メーカーの動きに、米国のメーカーが同調する様子はありません。

たとえばフォード・モーター(Ford Motor)は2010年、ピックアップトラック「F−150」にディーゼルエンジン・タイプを導入しますが、小型車にクリーンディーゼル・エンジンを搭載する計画はありません。

代わりにフォードでは、より求めやすい価格で20%の燃費向上を実現する「エコブースト・システム」搭載車を、年間50万台生産する予定です。

ディーゼル・エンジンはガソリン・エンジンに比べて30−35%程度燃費がいいとされています。

しかし、前年新たに排出量規制法が施行されたため、これに準じたディーゼル・エンジンを開発するには、1台当たりのコストが2000−3000ドル(約21−32万円)余計にかかります。

もちろんこれは、ハイブリッド車の追加コストよりは安くなっています。

ハイブリッド車は3000−5000(約32−54万円)の追加コストがかかりますが、米国の交通状況を考えると、この追加コストに見合うだけの省燃費を実現できすることが出来ません。

とはいえ米国では、欧州のようにガソリン税の高さがディーゼル・エンジンの人気を高めるということもありません。

米国市場にディーゼル車がデビューしたのは1980年代初頭ですが、トラックを除くとその売れ行きは惨憺(さんたん)たるものでした。

米国の自動車メーカーは、第2次石油危機でアジア勢の小型車に市場を席巻(せっけん)されたことから、ディーゼル車の導入に躍起になりました。

しかし、設計力不足から、それらのディーゼル車は3万マイル(約4万8000キロ)程度でエンジンが壊れてしまったのです。


■米国の市場占有率はわずか3.5%

現在、米国市場の自動車売上にディーゼル車が占める割合はわずか3.5%にすぎません。

欧州市場の約60%とは大きな隔たりがあります。

米市場におけるディーゼル車のシェア拡大を阻む最大の要因について、米民間調査会社グローバル・インサイト(Global Insight)のアナリスト、John Wolkonowicz氏は、排出量規制法がさらに厳しくなるとの懸念が業界内に広がっている事実を指摘しています。



日本の自動車メーカーが、クリーンディーゼルエンジン技術で先行したフォルクスワーゲン等の欧州メーカーを追撃する一方、欧州メーカーは、次世代燃料技術でリードする日本のメーカーを追撃しています。

米国ビッグスリーは、ハイブリッド技術でトヨタを始めとする日本のメーカーに大きく引き離されてから、追撃に躍起になっている状態です。

ここ数年のクリーンディーゼルエンジンの開発競争を見ていると、次世代燃料技術がポピュラーになるまでの間、クリーンディーゼルエンジンが一定の市場を築くのはほぼ確実です。

クリーンディーゼルエンジン技術でも日欧の自動車メーカーに遅れをとると、米ビッグスリーは更に苦しくなりそうです。

北米国際自動車ショーで、マツダCX−9がトラック・オブ・ザ・イヤー受賞


スポンサードリンク


北米国際自動車ショー(North American International Auto Show)が13日、米ミシガン(Michigan)州デトロイト(Detroit)で開幕しました。

景気後退やサブプライム住宅ローン問題で、世界最大の米自動車市場は低迷しており、米国の3大自動車メーカー(ビッグ3)は巻き返しを図っています。

一般公開は、19日から27日までとなっています。


今回の北米国際自動車ショーに出展するのは80ブランド。

地元ビッグスリーがメインになりそうですが、中国のメーカーも5社参加しており、より国際色豊かになっています。

アメリカらしく女優や歌手出席の華やかな幕開けですが、地球温暖化問題や原油高の影響で、他のモーターショー同様、ハイブリッド車や代替エネルギー車等、低燃費・環境志向のクルマが中心となっています。

米ビッグスリーは、これまで環境性能の開発に消極的でしたが、ゼネラル・モーターズ(GM)が水素と酸素を化学反応させて発電する燃料電池車「キャデラック・プロボク」を、フォードも低公害エンジンを搭載した多目的スポーツ車(SUV)の「エクスプローラー・アメリカ」を公開して、巻き返しを図ります。

対する環境性能車で先行する日本勢も、トヨタ自動車は、ハイブリッド技術を搭載した小型ピックアップトラックの試作車「A―BAT」を、ホンダが中型SUVの「パイロット」のプロトタイプを公開。

トヨタ、ホンダとも、SUV市場において一歩進んだ環境性能をアピールして、更なるシェア拡大を狙います。

一方の日産は新型ミニバンの試作車が展示されます。



北米国際自動車ショーに合わせて発表された「2008年北米カー・オブ・ザ・イヤー」では乗用車部門でゼネラル・モーターズ(GM)の中型セダン「シボレー・マリブ」が、小型トラック部門ではマツダの「CX−9」が選ばれました。

「シボレー・マリブ」は、アメリカで高い人気を誇るホンダ「アコード」を抑えての受賞だけに、GM復活の起爆剤となる可能性がありそうです。

一方、北米で高い人気を誇る小型トラック部門での「CX−9」大賞受賞は、マツダにとって大いなる追い風です。

「CX−9」は北米ではMPVの後継として開発されました。

そのため、「CX−9」は北米で小型トラック部門でエントリーされていますが、全長5071mm、全幅1936mm、全高1734mmと、マツダで最も大型のフラッグシップカーです。

3.5リッターV6エンジンを搭載した3列シート7人乗りSUVで、シャーシのベースはCX−7です。

日本市場への投入予定はありませんが、アメリカのモータートレンド誌での「SUV of the Year」に続く受賞だけに、「CX−9」の評価は高まる一方です。

日本の道路ではやや持て余すサイズですが、ステータス性のあるクルマの売れ行きが好調なだけに、トラック・オブ・ザ・イヤー受賞を機に、日本市場にCX−9投入の動きが進むかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。