スズキ「パレット」がいよいよ発進! 大人気の新型タントとガチンコ勝負


スポンサードリンク

スズキが新しい軽ワゴン「パレット」を、30日より販売することを発表しました。

ダイハツの人気車、新型タント追撃の刺客として、東京モーターショーにも出展されていた話題のクルマです。

パレットは、軽フルサイズワゴンであるタントをターゲットとしていただけに、当然のことながら室内空間の大きさが最大の売りです。

全長×全幅×全高=3395mm×1475mm×1735mmのボディサイズで、ホイールベースは2400mmもあります。

これにより、パレットはクラストップの室内高とともに、2025mmもの室内長を確保しています。

軽規格とは思えない室内長ですが、新型タントの室内長はなんと2160mm!

新型タントと発売時期が1ヶ月違うだけとは言え、パレットは後発モデルです。

実際に乗った状態での広々感はほとんど変わらないのかもしれませんが、数値的に劣るのはちょっと厳しいところです。

ボディサイズで思い出されるライバル関係と言えば、ウィッシュと旧ストリームです。

この時、後発だったウィッシュは、ボディサイズが先代ストリームと全く同一でしたが、全ての面で上回っていました。

ウィッシュが、当初から先代ストリームの刺客として開発されていたのは明らかです。


同様に、パレットの開発も、先代タントをベースに進められたはずです。

新型タントの進化を褒めるべきなのかもしれませんが・・・・・。


もう一点、パレットと新型タントの比較で気になるのが、軽自動車の生命線とも言えるランニングコストです。

パレットには658cc直列3気筒DOHCのNAとターボが用意されていますが、燃費はリッター18km〜20km。

ターボモデルの燃費は上々のレベルにありますが、新型タントには20.5kmをマークするグレードがあります。

ダイハツのCVT搭載車は、燃費性能で一歩抜け出した感があり、この点もパレットはやや劣勢です。


ただ、パレットにはタントに無い武器があります。

それは両側スライドドアです(タントは助手席側のみスライドドア)。

運転席側も乗り降りしやすいスライドドアにすると、路駐した場合等の安全性に問題があるとの指摘があります。

しかし、実際にクルマを利用すると、両側スライドドアの便利さを実感します。

かつてホンダのステップワゴンも助手席側のみスライドドアとしていましたが、両側スライドドアを採用するノア・ヴォクシーの人気、評価に勝てず、現在では両側スライドドアを採用しています。

パレットの両側スライドドア採用が、新型タントに対する大きなアドバンテージになることは、間違いなさそうです。  

また、パレットには50:50の分割可倒&リクライニング式リアシートやキーレスプッシュスタートシステム、それに全モデルにSRSカーテンエアバッグやイモビライザーを標準装備するなど、上級感を満たす装備が満載です。
  

そんなパレットの月間目標販売台数は6000台。

新型タントの8000台に比べ、やや控えめな数字です。


しかも、新型タントの発売1ヶ月での受注台数は、目標の3倍となる24000台! 
  
優れた燃費性能に加え、軽初となるセンターピラーレスとスライドドアを組み合わせた「ミラクルオープンドア」や子育て世代をメインターゲットに考えた「ミラクルスペース」、「ミラクルユーティリティ」が好評です。

また、CM効果も抜群です。

タントカスタムは長澤まさみと伊藤英明、タントは小池栄子とユースケ・サンタマリアと、ダイハツの新型タントにかける思いが伝わる強力な布陣です。

これまでの受注状況は、長澤まさみ&伊藤英明のタントカスタムがリードしているようですが、小池 栄子&ユースケ・サンタマリアのCMは、タントのもつ魅力を存分に引き出しています。

新車効果が薄らいだ後も、新型タントは好調な売れ行きをキープしそうです。

それだけに、スズキがパレットの魅力をどのようにアピールし、販売につなげていくのか注目されるところです。



◆スズキ・パレットのグレード構成

*2WD

・G(直3NA):111万3000円

・X(直3NA):123万9000円

・XS(直3NA):136万5000円

・T(直3ターボ):147万円

・TS(直3ターボ):157万5000円

*4WD

・G(直3NA):123万1650円

・X(直3ターボ):138万9150円

・T(直3ターボ):158万8650円

・TS(直3ターボ):169万3650円

日産・ルノー連合がプロジェクト・ベター・プレイス社と提携 イスラエルで電気自動車を販売へ


スポンサードリンク


日産自動車(Nissan Motor)と提携先の仏自動車大手ルノー(Renault)は21日、新型電気自動車の販売をイスラエルで2011年から開始すると発表しました。
 
ルノー・日産アライアンスと、イスラエルの投資家シャイ・アガシ(Shai Agassi)氏が設立し環境インフラに特化したベンチャー企業「プロジェクト・ベター・プレイス」が協議に合意。

同日、エルサレム(Jerusalem)で覚書を交わしました。

覚書に基づいてルノーが電気自動車を提供し、プロジェクト・ベター・プレイスがイスラエル国内の充電スタンド網の建設および運営にあたります。

ルノー・日産アライアンスによると、イスラエルで販売予定の電気自動車は100%電気だけで動き、二酸化炭素を全く排出しない「ゼロ・エミッション」車両になるとのことです。

運転性能は1600cc級ガソリン車両と同等なうえ、走行コストははるかに割安で車両の寿命も長いという環境車。

車両の購入者は、走行距離に基づくバッテリーの使用量に応じて毎月、電気エネルギーの供給契約を結ぶことになります。
  
イスラエル政府も、電気自動車の所有者に対する税制優遇措置を導入するなどして、同国における電気自動車の普及を支援します。


上がり続けるガソリン価格。

暫定税率が廃止されれば、ガソリン価格は下がりますが、原油価格の高騰という根本的な問題は解決していません。

それだけに、オイルマネーを駆逐する可能性のある今回の新技術プロジェクトには期待がかかります。


プロジェクト・ベター・プレイス社は、電気自動車をサポートする市場基盤の交通インフラを形成することによって、世界規模で燃料への依存度を削減することを目標とするベンチャー企業です。

一方、日産とNECの合弁会社が開発した高性能充電池が、電気自動車の走行性能を大幅に引き上げています。

日本の技術とプロジェクト・ベター・プレイスの取り組み、そして各都市の間が短く電気自動車の利用に適し、化石燃料への依存を減らしたいイスラエルの国家的取り組みが、今回のプロジェクトを結実させました。


今回のプロジェクトが成功すれば、プロジェクト・ベター・プレイスは会社のスケールが更にアップするでしょう。

一方、電気自動車本体も、三菱自動車等他の自動車メーカーも開発中で、今後さらに性能が向上するのは確実。

プロジェクト・ベター・プレイスがより強固なインフラ整備を出来るようになれば、日本でも同様のプロジェクト推進が可能になるかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。