マツダの新型「アテンザ」 堂々のフルモデルチェンジ


スポンサードリンク


マツダ(Mazda Motor)は、同社の基幹車種である「アテンザ(Mazda Atenza)」をフルモデルチェンジして発売を開始しました。

新型アテンザも、先代の初代アテンザと同様「セダン」「スポーツ(5ドアハッチバック)」「スポーツワゴン」の3種類のボディが用意され、新開発の排気量2.5リッター直列4気筒エンジン「MZR2.5Lエンジン」を新たに採用しています。

初代アテンザが2002年5月発売なので、およそ6年かけてのフルモデルチェンジです。

今回発表された新型アテンザは、マツダのキャッチフレーズ“Zoom−Zoom”のさらなる進化をテーマに、“最高の高速ロングツアラー”を目指して、クラストップレベルの空力性能を実現、高速走行時の安定性を向上させると共に、乗り心地や静粛性などの快適性を一層高められています。

先代アテンザの顧客層は20代が中心でしたが、新型アテンザは30〜50代と幅広い年代層の男性をメインターゲットとしています。

それだけに、「大胆かつ精妙」をテーマに練り上げられた新型アテンザのスタイリングは更に進化。

スポーティーでありながら、上品さを感じさせる絶妙のデザインを身にまとっています。

先代アテンザは、5ドアハッチバックのスポーツ、ワゴンに比べ、セダンのスタイリングがイマイチという印象がありましたが、新型アテンザはセダンも十分にスポーティーです。

これなら50代のクルマ好きユーザーの支持も、かなり集めそうです。

しかし、やはり新型アテンザのイメージキャラクターとなるのは5ドアハッチバックのアテンザスポーツです。

世界中のスポーツクーペと比較出来るほど完成度の高いスタイリングは、まさしく5枚のドアを持ったスポーツカー。

昔、S14シルビアがアイ・ハントをキャッチフレーズにしていましたが、まさしくアテンザ・スポーツは見る人の目を釘付けにする美しいスタイリングの持ち主です。

更に今度の新型アテンザは、スポーツワゴンのスタイリングも秀逸です。

スポーツワゴンと言えば、レガシィー・ツーリングワゴンやBMWツーリングが思い出されますが、アテンザワゴンにはそれらと並び称される魅力を感じます。


ただ、新型アテンザの魅力はスタイリングだけではありません。

機能面でも大きく進化しています。

新型アテンザに搭載される170psを発揮する新開発MZR2.5リッターエンジンは、先代(2.3リッター)より排気量がアップしているにもかかわらず、燃費がリッターあたり12.6キロメートルから12.8キロメートルと、約2%向上しています。

しかも、このMZR2.5リッターエンジンは、レギュラーガソリン仕様です。

新型アテンザのボディサイズは拡大しているものの、高張力鋼板の採用拡大などにより軽量化を推進するとともに、クラストップレベルの空力性能を採用することで、燃費性能の向上が可能となりました。

また、時速60キロメートル以上で走行している場合に、後方から接近する車両をレーダーで検知してドライバーに知らせる国内初の安全装備「リアビークルモニタリングシステム」や、インパネ上方の集中ディスプレイに表示される空調やオーディオ機能をハンドルから手を離さずに安全に操作できるシーエフネット(CF−NET)といった安全装備を採用。

走りの面でも、MZR2.5リッターエンジン搭載車にはDSC(横滑り防止機構)やタイヤの空転を防止するTCS(トラクションコントロールシステム)などが、標準装備されています。

新型アテンザは、ホンダ・アコードやスバル・レガシィ、それにBMWの3シリーズを意識して開発されたそうですが、まさしくそれらに勝るとも劣らない内容を持っています。


魅力が更に増した新型アテンザの販売目標は月間1500台。
   
その内容を考えれば、十分に達成出来そうな数字です。

ただ、もともと世界戦略車である新型アテンザは、海外マーケット、特に欧州がメインで、全世界での年間販売目標は30万台となっています。

欧州では既に、2007年11月から販売されています。  
  
一方、時期は未定ですが、アジアや北米でも販売が開始されます。

ただ、北米で販売される新型アテンザは専用仕様になり、ボディサイズが更に大型化されます。

これは、北米で販売されているホンダ・アコードやトヨタ・カムリ、それに日産のアルティマといった中型セダンと競合するためです。

更に大きくなっても魅力的なスタイリングを維持出来るのか、北米仕様の新型アテンザもかなり注目を集めそうです。 

ギャランの新5ドアのコンセプトカー「プロトタイプ−エス(Prototype-S)」がジュネーブ自動車ショーに登場


スポンサードリンク

三菱自動車は、3月4日から16日まで、スイス・ジュネーブのパルエクスポで開催される第78回ジュネーブ国際自動車ショー(Salon International de l'Auto in Geneva)に、ギャラン・フォルティス(欧州ではランサー)の新5ドアのコンセプトカー「プロトタイプ−エス(Prototype-S)」を、ジュネーブ自動車ショーに参考出品することを発表しました。


プロトタイプ−エス(Prototype−S)は、ランサーエボリューション](欧州名ランサーエボリューション)や、デトロイトモーターショーで発表されたランサーラリーアートと同じく、ギャラン・フォルティスをベースに開発された5ドアハッチバックモデルです。

フロントノーズは、ギャランと同様「フロント台形グリル+逆スラントノーズ」のいわゆる三菱顔ですが、全体のフォルムはワイド&ローを強調した、スポーティーなデザインとなっています。

プロトタイプ−エス(Prototype-S)に搭載されるエンジンは、ランサー ラリーアートと同じく新開発の2リッターMIVEC4気筒 DOHCインタークーラーターボ付きで、最高出力240PSとなっています。

また、2ペダルM/TのツインクラッチSST(スポーツ・シフト・トランスミッション)を組み合わせて高効率トランスミッション低燃費と走りの楽しさを両立するとともに、駆動系には走行状況に応じて前後輪へ伝達される駆動力を最適に配分し、操舵応答性とトラクション性能を高次元で両立させるACD(Active Center Differential)によるフルタイム4WDを採用しています。

スポーティーな5ドアハッチバックは、欧州で人気のカテゴリーだけに、プロトタイプ−エス(Prototype−S)は海外市場をメインターゲットとしています。

プロトタイプ−エスが市販化された場合、最大のライバルとなりそうなのが、マツダの新型アテンザ5ドアハッチバック。

現行型アテンザも5年以上前のモデルとは思えないフォルムですが、新型アテンザのデザインは大きく進化しています。

走りの方も、大きく進化しているのは間違いないところです。

ただ、「プロトタイプ−エス(Prototype-S)」のフォルムもかなり革新的です。



「三菱の5ドアハッチバック」で思い出されるのは、ギャランスポーツです。

7代目ギャランの5ドア(輸出用)にRVのアクセサリーを追加して、GTの走りとRVの遊び心を併せ持つ「GTRV」をキャッチフレーズに登場したギャランの派生モデルでした。

しかし、もともと不人気の5ドアに奇抜さをプラスした「ギャランスポーツ」が売れるわけは無く、フルモデルチェンジを機に早々に消滅しました。

当時の5ドアハッチバックは、あくまで4ドアセダン派生といった感じで、「ギャランスポーツ」のベースとなった欧州輸出用ギャラン5ドアにもあまり魅力はありませんでした。

しかし、プロトタイプ−エス(Prototype−S)や新型アテンザスポーツには、ベースモデルにない華やかさがあります。

それだけに、「プロトタイプ−エス(Prototype-S)」が国内で発売され、新型アテンザと販売を競うようになると、日本で不人気と言われ続けた5ドアハッチバック市場が大いに注目を集めそうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。