世界最古のロールス・ロイス、8億円で落札


スポンサードリンク


競売大手ボナムズ(Bonhams)が3日にロンドン(London)で開催したオークションに、現存する世界最古のロールス・ロイス(Rolls-Royce)が出品され、352万1500ポンド(約8億円)で落札されました。

このロールス・ロイスは1904年製で10馬力。

今回のオークションで、2つの最高落札価格の記録を塗り替えています。

1つはロールス・ロイスとしての落札価格、もう1つは1905年以前に製造された車としての落札価格です。

ロールス・ロイスとしては1912年製のSilver Ghost Double Pullman Limousineの148万ポンド(約3億3600万円)、1905年以前に製造された車としては1884年製のド・ディオン・ブートン(De Dion Bouton)の176万ポンド(約4億円)が、それぞれ過去の最高落札額でした。

予想落札価格の約2倍となった額で落札したのは、英国人のコレクターだそうです。

同車は、名高いクラシックカーのイベント「London to Brighton Veteran Car Run」に出走できる唯一のロールス・ロイス。

1904年にパリ(Paris)で初めて公開され、1905年2月にロンドンで行われた自動車ショー「Olympia Show」に展示されました。


ロールス・ロイスの試作車、ロイス10HPが登場したのが1904年。

直列2気筒の2000ccエンジンを搭載し、テストでは時速16.5マイル(26.5km/hr)を記録していました。

フランスが自動車先進国だった時代、イギリスが生んだ「ロールス・ロイス」は、発売当初から世界的に見ても品質感で群を抜いた存在となりました。

その後、シリンダー数を6気筒まで増やし、12気筒のファントムも登場。

ロールス・ロイスは、高級車ブランドとして不動の地位を得るに至りました。


今回の落札車は、そのシリンダーが増えていった当時のロールスロイスだと思いますが、落札価格は8億円!と信じられないスケールです。

BMWに買収された現在のロールス・ロイスのラインナップを見ても、ファントムが4450万円、最高価格のロールス・ロイス・ファントム・ドロップヘッドクーペでも5218.5万円です。

現行のロールス・ロイスを購入出来る人でも、ほんの一握り。

この世界最古のロールス・ロイスを購入した英国人コレクターとは、どのような人なのでしょう・・・。


セバスチャン・ローブが世界ラリー選手権(WRC)4連覇 グロンホルムは引退レース2位に


スポンサードリンク


世界ラリー選手権(World Rally Championship)・第16戦、ラリー・グレートブリテン・第3レグ。

総合3位からスタートしたシトロエンC4(Citroen C4)のセバスチャン・ローブ(Sebastien Loeb、フランス)は、合計3時間24分23秒9を記録して3位でシーズン最終戦を終えました。

これにより、ドライバーズポイントを116ポイントに伸ばしたローブは、4年連続となる年間王者に輝くこととなりました。

■ラリー・グレートブリテン・総合成績

1位:ミッコ・ヒルボネン(Mikko Hirvonen、フィンランド)/フォード・フォーカス(Ford Focus) - 3時間22分50秒9
2位:マーカス・グロンホルム(Marcus Gronholm、フィンランド)/フォード・フォーカス - 3時間23分06秒1
3位:セバスチャン・ローブ(フランス)/シトロエンC4 - 3時間24分23秒9
4位:ペター・ソルベルグ(Petter Solberg、ノルウェー)/スバル・インプレッサ(Subaru Impreza) - 3時間25分48秒2
5位:ダニエル・ソルド(Dani Sordo、スペイン)/シトロエンC4 - 3時間26分05秒2

■年間総合成績

1位:セバスチャン・ローブ(フランス)/シトロエンC4 - 116ポイント
2位:マーカス・グロンホルム(フィンランド)/フォード・フォーカス - 112ポイント
3位:ミッコ・ヒルボネン(フィンランド)/フォード・フォーカス - 99ポイント
4位:ダニエル・ソルド(スペイン)/シトロエンC4 - 65ポイント
5位:ペター・ソルベルグ(ノルウェー)/スバル・インプレッサ - 47ポイント


セバスチャン・ローブが、見事に4年連続のWRC年間総合王者のタイトルを獲得しました。

今期は、前WRCチャンピオンのマーカス・グロンホルムにリードを許していましたが、第15戦のラリー・アイルラン優勝で逆転。

最終戦2位と、3戦ぶりにポイントを獲得したグロンホルムに対し、ローブはしぶとく3位に入り逃げ切りました。

WRC4連覇は、1996年から1996年にかけて達成したトミー・マキネンに続いて2人目、またWRC総合王者を4回獲得したのも、過去にはマキネンとミコ・ヒルボネンの2人しかいません。

今期のローブは16戦中8勝と、ポイント差以上にその速さが光りました。

過去の偉大なるWRCチャンピオンに肩を並べられる存在となったローブは、来期以降も活躍を続けそうです。

残念だったのはグロンホルム。

最終戦、優勝してWRC総合王者を奪還して、引退に花を添えてほしかったのですが・・・・。


一方、市販車をベースにした競技車両で競うP−WRC(プロダクションカー世界選手権)は、スバル・インプレッサを駆る新井敏弘が、2年ぶり2度目の王座を獲得しました。

東京モーターショーで、新型インプレッサWRX STiを発表、発売を開始したばかりのスバルにとって、ビッグニュースとなりました。

来期は、スズキもSX−4 WRCで本格参戦してくるだけに、日本メーカーどうしの対決も面白くなりそうです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。