現代自動車(ヒュンダイ)の新型高級セダン「ジェネシス」の実力は?


スポンサードリンク


韓国自動車大手現代自動車(Hyundai Motor)は5日、京畿道華城(Hwaseong)の同社研究所内で新型高級セダン「ジェネシス(Genesis)」を報道陣に初公開しました。

「ジェネシス」は後輪駆動や高性能走行制御システムを採用し、ハイテクナビゲーションシステムやオーディオ機能も備えています。

エンジンは国内向けは3.3リットルと3.8リットル、海外仕様は3.8リットルと4.6リットルとなっています。


現在、日本に正規輸入されている現代自動車(ヒュンダイ)のラインナップで、最高級となるのが「グレンジャー」です。

3.3リッターV6エンジン搭載車で、ベーシックグレードは2,992,500円と300万円を切る価格設定となっています。

グレンジャーはディスチャージヘッドライトがオプションとなる等、日本製高級車に比べると装備面でやや貧弱な部分もありますが、それにしても割安な価格設定と言えます。

また、高級車独特の押し出しの強さには欠けますが、逆にスマートなスタイルの高級車が好みの人に受けそうな、エクステリアを身にまとっています。


そのヒュンダイが新たに発表した新型高級セダン「ジェネシス」には、レクサスLS460と同排気量となる4.6リッターエンジン搭載車が存在します。

しかもこのジェネシス、ヘッドライトの形状等エクステリアデザインも、少しだけレクサスLS460に似ているような気がするのですが・・・・・。


ヒュンダイの実力は年々パワーアップしており、北米での販売数量も伸びています。

そう遠くない将来、ヒュンダイがホンダやトヨタ、日産は勿論、レクサスやアキュラともガチンコ勝負になるのは、ほぼ間違いないでしょう。

そういった意味でも、今回の「ジェネシス」がどれくらいの実力を持っているのか、大変興味深いところです。

排気量4リッター超モデルは、あのトヨタでもセンチュリーやクラウンマジェスタ、ランドクルーザー等しかありません。

レクサスには4リッター超モデルがうようよありますが、日本に導入された場合、これまでの経緯からして「ジェネシス」もかなり割安な価格設定をしてくると思います。

そうなると、トヨタや日産、ホンダの高級車と、価格的にバッティングしてくる可能性があります。

レクサスLS460と同じ排気量4.6リッターというのは、かなりのステータス性があります。

もし「ジェネシス」が日本市場に投入されたら、「グレンジャー」以上に面白い存在になりそうです。



顧客満足度トップはトヨタ「プリウス」 燃費性能だけではない実力


スポンサードリンク


米消費者の間で日本車が引き続き高い満足度を得ていることが、3日発行の米消費者団体誌「コンシューマー・リポート(Consumer Reports)」の調査で分かりました。

同調査は、評価経験豊かな読者を対象に、300車種について満足度を調査しました。

最も高い「非常に満足」の評価、つまり所有者の80%以上が「同車種を再度所有したい」と回答した39車種のうち、日本車が18車種にのぼり、うち10車種がトヨタ自動車(Toyota Motors)製でした。

全車種中、最も高い評価を得たのはトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス(Prius)」で、4年連続の最高評価となりました。
実に92%の所有者が「必ず次回もプリウスを購入する」と答えています。

韓国メーカーも、現代自動車(Hyundai Motor)のセダン車「Azera」とSUV車「Sante Fe」が、今回、初めて最高評価グループにランク入りを果たすなど、追い上げを見せています。

■米「ビッグ3」は低評価

ゼネラル・モーターズ(General Motors、GM)、フォード・モーター(Ford Motor)、クライスラー(Chrysler LLC)の米自動車大手ビッグ3に関する結果は芳しくありません。

GMの「シボレー(Chevrolet)」、「サターン(Saturn)」、ミニバン「ビュイック(Buick)」ブランド車の満足度が、相対的に低く、34%前後に留まりました。

最低評価の「ほとんど満足していない」にランク入りした22車種中、20台が米国車で、うち15車種がGM車でした。

米国車は満足度では最低ランクながら、所有者の半数が「再度、所有したい」と回答するなど、以前よりは改善しています。


「コンシュマー・リポート」は、かなりストレートな評価が得られる調査です。

「ほとんど満足していない」にランク入りした22車中20車がアメ車というのは、かなり厳しい結果です(残りの2車が、どこの国のクルマなのかも気になりますが・・・・・)。

GMに変わり、トヨタが販売台数でも1位になるのは、当然の結果なのかもしれません。


そんなトヨタの中でも、際立って高い評価を得ているのが、ハイブリッドカー・プリウスです。

燃費性能といった環境面に優れているのは勿論、プリウスは動力性能、スタイル、快適性等、トータルパッケージでも絶大な評価を得ています。

中古車市場でも人気で、プリウス中古はかなりの高値で販売されています(初代プリウスはその特異なスタイルが災いしてか、結構値落ちしていますが)。

ハリウッドスター等のセレブに愛用され、現在でも顧客満足度トップをひた走るトヨタ・プリウスですが、3代目となる新型プリウスの噂もチラホラ出てきています。

新型プリウスの燃費性能は、ついにリッター40kmに到達すると言われています。

更に、現在のプリウスはハイブリッド走行のみですが、新型プリウスはバッテリー性能の向上により電気モーターのみ、つまりエンジンを停止した状態での走行も可能になるという噂があります。

また、新型プリウスには、一晩充電しておけば東京都内を往復出来るくらいの航続距離性能もあるようです。

となると、自宅と職場、あるいは学校がそれほど遠くない距離にあるならば、ガソリンを補給することなく毎日の通勤や通学に、新型プリウスを使用出来るということになります。

真相が明らかになるのはまだ先の話ですが、もし新型プリウスの噂が本当だとすれば、通勤、通学時のガソリン価格に、一喜一憂する必要がなくなります。

ガソリン価格、リッター155円は、あまりにも高過ぎます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。