ダイハツ タント渾身のフルモデルチェンジでライバルに対抗 


スポンサードリンク


ダイハツ工業(Daihatsu Motor)は軽自動車「タント」シリーズのフルモデルチェンジ版を1月3日から発売すると発表しました。

2代目タントは室内空間を更に広げるとともに、ターボ仕様もラインアップされます。


タントは、ダイハツの主力車である「ムーブ」をベースに室内空間を広げた“スーパースペースワゴン”で、4年ぶりのフルモデルチェンジになります。


ムーブ、ミラに続くダイハツ第3の柱に育ったモデルだけに、2代目タントの開発にも、かなり力が入っています。

現行モデルでも圧倒的な広さを誇っていますが、新型タントはホイールベースが50mm長くなり「室内長×室内幅×室内高=2160mm×1350mm×1355mm」と、現行タントに比べ長さ60mm、幅50mm、高さ25mmも拡大しています。

更に左側リアはスライドドア+Bピラーレス仕様とすることで、「ミラクルオープンドア」を実現。

新型タントは、室内への乗降性が大きく進化しています。

また、エンジンも従来のE型から「ムーヴ」や「エッセ」に使用されている軽量コンパクトな新世代K型になりました。

新型タントの主力となる自然吸気エンジンは直列3気筒のKF−VEで、最高出力58ps、最大トルク6.6kg−mを発生します。

ロングストロークとDVVDによる低中速域での豊かなトルク特性は、日常走行で不満の出ない実用性を発揮します。

一方、カスタムRSに搭載されるターボ・エンジンは同じく3気筒のKF−DETで、最高出力64ps、最大トルク10.5kg−mを発揮します。

タントカスタムRSは、ターボラグの抑えられたレスポンスの良い走りを楽しむことが出来ます。

KF−VE、KF−DETとも、スーパーインテリジェント触媒や、触媒早期活性化システムの採用で、NAの2WD車が平成17年基準排出ガス75%低減レベル、NAの4WD車とターボ車が同50%低減レベルを達成しています。

気になる新型タントの価格は、2WDはタントLの108万1500円からタントXリミテッド・スペシャルの140万7000円までの4種、4WDはタントLが120万2250円、タントXが133万8750円となっています。

一方、タント・カスタムの2WDは、タント・カスタムLの126万円からタント・カスタムRSの161万7000円までの4種、4WDはタント・カスタムLの138万750円からタント・カスタムRSの173万7750円の3種となっています。


このように大きく進化した2代目タントですが、現行モデルのような好調な販売セールスを維持出来るかどうかは分かりません。

というのも、軽bP奪還を狙うスズキが、タント対抗モデルである「パレット」を準備しているからです。

元々、軽自動車は規格が決められていますが、タントを研究し尽くして開発されているだけに、パレットが室内空間等でタントに対抗出来る性能を有しているのは、ほぼ間違いのないところです。

ワゴンRとムーブ、ミラとアルト、ストリームとウィッシュ、ランエボとインプレッサWRX、強力なライバル関係にあるクルマ同士は、モデルチェンジする度に大きく進化します。

ユーザーにとっては値引き交渉のネタにもなり、タントにパレットという強力なライバル車が存在することは、極めて望ましいことです。

BMW X6がデトロイトショーに登場 SACの評価は?


スポンサードリンク

BMWが、2008年1月に開催されるデトロイトショーに、SUVを更にスポーティーに仕上げた意欲作「BMW X6」を出展すると発表しました。

キドニーグリルやヘッドライトなどフロント周りの印象はX5と変わりませんが、サイドからリアにかけての造形は全くの別物。

BMW X6のリアからの眺めは、まさしくクーペそのものです。

スポーツ性の高いBMWらしいSUVモデルで、スポーツ・アクティビティ・クーペ(SAC)という新しいジャンルを提唱しています。

そのスタイルに見合った走りを実現すべく、BMW X6にはxDRIVEというBMW独自の4EDシステムに車両統合制御デバイスを組み合わせた「ダイナミック・パフォーマンス・コントロール」(DPC)と呼ばれる新しい駆動システムが採用されています。

xDRIVEが前後輪のトルク配分を調整するシステムだったのに対し、DPCは前後に加え後輪の左右のトルク配分も調整するようになっています。

これにより大柄なBMW X6のコーナリング性能を、大きく向上させます。

また、エンジンも新設計で、上級グレードの「xDRIVE50i」に搭載される4.4リッターV型8気筒エンジンは、直噴ツインターボで400psを発揮しながら、吸排気両方のバルブタイミングをコントロールするダブルVANOS機構で、燃費性能にも優れています。

一方、「xDRIVE35i」には3リッターの直列6気筒エンジンが搭載されています。

こちらも直噴ターボ+ダブルVANOSの組合せですが、よりトルクフルな特性となっており、最高出力は300psとなっています。


BMW X6は、これまでにない大胆なスタイルを採用したモデルです。

車高がありながら、リアを極限まで絞り切った造形は、プロトモデルでは他メーカーにもありましたが、市販を決定したBMWの勇気ある決断は賞賛に値するでしょう。

しかしながら、BMW X6のユーザーがどのような人なのか、ちょっと想像出来ません。

SUVは、高級感の中にちょっとしたスポーツ性能を求める人がターゲットですが、そのような人がスポーツ・アクティビティ・クーペ(SAC)を標榜する「BMW X6」に興味を示すかどうかは疑問なところです。

まあ、スポーツカーメーカーのポルシェが、ステディなSUVモデル「カイエン」で成功を収めたように、逆にステディなスポーツセダンを創り続けてきたBMWが、ブランニューコンセプトの「BMW X6」で、大成功を収める可能性もあるのかもしれませんが・・・・・。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。