第40回東京モーターショーにおけるニューコンセプト


スポンサードリンク


日本の自動車メーカーが、続々とニューコンセプトカーを発表しています。

未来の車は、地球に優しく環境汚染への罪悪感からドライバーを解放するだけではなく、ドライバーを楽しませハッピーにする機能も兼ね備えたものとなりそうです。

トヨタ自動車(Toyota Motor)が10日に発表した「RiN」は「心穏やか」がコンセプト。

座席には温熱効果があり腰に優しいのが特徴。

さらに、画像ディスプレーや酸素濃度調節器で運転中のドライバーの精神を和らげます。

一方、次世代都市型車両「Hi-CT」は、取り外し可能なトランク、サーフボードや自転車用のスペースを備えるなど、若者のライフスタイルに合わせた設計となっています。

ホンダ(Honda Motor)が出展したコンセプトカーは、燃料電池車の「PUYO」。

車体が柔らかいシリコン素材で覆われ、ドライバー、歩行者の双方の安全性を高めています。

ホンダは「PUYO」のコンセプトについて、愛らしいペット感覚の車を目指したと説明しています。

日産自動車(Nissan Motor)は、タマゴ型の電動自動車「ピボ2(Pivo 2)」を出展。

ドライバーに話しかけ気分を和らげ安全運転を実現する「ロボティック・エージント」機能を搭載しています。

また、キャビンが360度回転するため、バック走行や縦列駐車でも前を向いての運転が可能です。

これらのニューコンセプトカーは、27日から「第40回東京モーターショー(40th Tokyo Motor Show 2007)」で見ることができます。


これまでの「環境」に加えて、「癒し」も未来の車のキーワードになりそうです。

昔、庶民のあこがれだった自動車は、普及するにつれより高級、高性能を求めて発展してきました。

その頂点とも言えるのが90年代なのかもしれません。

シーマに始まり、セルシオやインフィニティといった世界に通用する日本製高級車の登場。

その勢いにつられるかのように、クラウンやセドリック/グロリアといった既存の高級車もより上のクラスに進化しました。

マツダのセンティアのようなスタイリング重視の高級車も登場しました。

一方、高性能なスポーツカーも、日産スカイラインGT−Rの復活、トヨタスープラ、三菱GTO、マツダRX−7、極めつけはホンダの本格的ミッドシップスポーツカーNSXと、今では信じられないくらい豊富に揃っていました。

ユーノス・コスモというびっくりするくらい燃費の悪い高級、高性能スポーツカーもありましたね。


日本の自動車メーカーは高性能な車の開発に秀でており、性能競争は行き着く先までたどり着いた感があります。

性能というハード面で差が付きにくい時代になり、ドライバーの快適性を追及するようになったのは、自然な流れなのかもしれません。


最近では生粋のスポーツカーでも、運転のし易さに配慮する傾向にあります。

「扱い難いストイックな車を乗りこなす」ことに悦びを感じる人も、まだまだ結構いると思いますが・・・。


アロンソ ルノー入りのサイン? ブリアトーレのブラジルGP優勝予想


スポンサードリンク


F1ルノー(Renault)のチームマネージャー、フラビオ・ブリアトーレ(Flavio Briatore)氏は、19日に開幕する2007年シーズン最終戦となる第17戦・ブラジルGP(Brazilian Grand Prix 2007)で、マクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes)のフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)がチームメイトのルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)を抑えドライバーズタイトルを獲得するであろうとの見解を示したと、17日のデーリー・ミラー(Daily Mirror)紙によって明らかになりました。

ドライバーズランキング1位のハミルトン、2位のアロンソに加え、万に一つの可能性にかけて3位のフェラーリ(Ferrari)のキミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)が最終戦でドライバーズタイトルを懸けて争います。

アロンソの元チームマネージャーであったブリアトーレ氏は、「追われる方がプレッシャーが大きい。私にとって優勝候補はまだフェルナンドだ。フェルナンドには経験がある。難しいブラジルのトラックでも常に良い成績を残している」と2年連続のF1年間総合優勝を果たしたアロンソの経験がハミルトンに勝るとデーリー・ミラー紙に語り、22歳のルーキーで5月以来ドライバーズランキング1位につけるハミルトンは、今最も不安を抱えるドライバーであろうと付け加えました。

またブリアトーレ氏は、「フェルナンドは公正な扱いを受けているだろうし、優勝する精神的強さを持ち合わせている。もし、マクラーレンを去る決定をし、他のチームとの契約するならば、喜んでルノーに迎える」と話しました。


アロンソのルノー入りが噂される中で、なんとも微妙な発言です。

いかにも策士のブリアトーレらしいコメントです。

もし、アロンソがルノーに帰ってくる可能性がなければ、アロンソを援護するような発言はしないような気がします。


アロンソは、来期を棒に振ってでも2009年からフェラーリに移籍するのでは?という噂も流れていました。

昔、アラン・プロストが1年休養後、ウィリアムス・ルノーのドライバーとなり、見事ドライバーズ・チャンピオンを獲得したこともありました。

しかし、フェリペ・マッサが2010年までフェラーリをドライブすることが正式に決まりました。

キミ・ライコネンも2009年までフェラーリと契約しており、どちらかのドライバーが自分から契約破棄して飛び出さない限り、アロンソのフェラーリ入りは難しくなりました。

ミハエル・シューマッハを迎えて以降、かつてのようなチーム内のイザコザが少なくなり、まさしくF1界の盟主となったフェラーリから、ライコネンとマッサが出て行くとは考えにくい状況です。


アロンソも、チャンピオンを獲得しているだけにやはり勝てる可能性のあるマシンをドライブしたいはず。

来シーズン、トヨタが大化けする可能性もありますが、フェラーリ、マクラーレンの次となると、やはりルノーになるのでしょうか・・・。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。