ラリージャパン(WRC)を制したのはフォード・フォーカスのヒルボネン


スポンサードリンク


世界ラリー選手権(World Rally Championship)の第14戦ラリージャパンで、フォード・フォーカス(Ford Focus)のミッコ・ヒルボネン(Mikko Hirvonen、フィンランド)が、合計タイム3時間23分57秒6を記録し、シーズン2勝目を飾りました。


今年のラリージャパンは、いきなり初日の第1レグで年間順位トップのマルクス・グレンホルムがリタイアするという波乱の展開。

同じフォード・フォーカスを操るミッコ・ヒルボネンが発奮して初日から首位を守り、今期2勝目を挙げました。

ドラーバーズタイトルを左右する一戦となったラリージャパンですが、グレンホルムを追うシトロエンC4のセバスチャン・ローブも、結局リタイアしました。

スーパーラリーで第3レグから復帰したローブでしたが、エンジントラブルに見舞われました。

これでグレンホルムとローブのポイント差は4のまま、年間チャンピオン争いは次戦ラリーアイルランド以降に持ち越しとなりました。


04値年以降3年連続で、ドライバーズタイトルを獲得したローブの走りは、王者に相応しいものです。

しかし、ローブが3連覇する前の00年、02年にドライバーズタイトルを獲得したグレンホルムもすばらし走りを見せています。

今年で引退を表明しているだけに、どうしてもグレンホルムを応援してしまいますね。


残念だったのが、スバルインプレッサのWRCでの結果です。

ラリージャパンという地の利を活かしたかったところですが、逆に気負いがあったのか上位進出することが出来ませんでした。

プロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)も、優勝は三菱ランサーのガブリエル・ポッゾ。

スバル勢では、鎌田卓麻が4位に入りましたが、年間王座確定がかかっていた新井敏弘は11位に終わりました。

今回のラリージャパンで、新井敏弘は「2位以内でPWRCのチャンピオン確定!」という状況だっただけに、本当に残念です。

一方、三菱はスポット参戦の田口勝彦が、グループNで初優勝しました。

総合成績でも8位という成績で、ラリージャパンを盛り上げました。


■総合結果

1位:ミッコ・ヒルボネン(フィンランド)/フォード・フォーカス - 3時間23分57秒6
2位:ダニエル・ソルド(Dani Sordo、スペイン)/シトロエンC4(Citroen C4) - 3時間24分35秒0
3位:ヘニング・ソルベルグ(Henning Solberg、ノルウェー)/フォード・フォーカス - 3時間28分31秒3
4位:マシュー・ウィルソン(Matthew Wilson、英国)/フォード・フォーカス - 3時間30分35秒5
5位:ルイス・ペレス・コンパンク(Luis Perez Companc、アルゼンチン)/フォード・フォーカス - 3時間30分38秒0

東京モーターショー2007にグランツーリスモ5体験ブース


スポンサードリンク


27日に一般公開が始まる東京モーターショー(Tokyo Motor Show)では、各社の新車が現実世界と同時にバーチャル世界にもデビューを果たします。

展示場で本物の新車を見た後は、ゲーム「グランツーリスモ(Gran Turismo)」シリーズの最新版「グランツーリスモ5」でバーチャル「試乗」を体験できます。

ソニー・コンピュータエンタテインメント(Sony Computer Entertainment、SCEI)と自動車製造会社が開発したこのゲームでは、レースサーキットでの走行感や実際のレースでのガソリンの消耗量などが体験できます。

このバーチャル試乗では、日産自動車(Nissan Motor)の新型GT−R、富士重工業(Subaru)のスバル インプレッサWRX STI(Impreza WRX STI)を始め、トヨタ自動車(Toyota Motor)、ダイハツ(Daihatsu)、三菱自動車(Mitsubishi Motors)、マツダ(Mazda)、BMWにも「試乗」できます。

「グランツーリスモ5」の販売は国内は12月、海外では年明けからになる予定。


今年の東京モーターショーには、既に発表されたレクサスIS−Fや発売開始している三菱ランサーエボリューション]に加え、日産GT−R、新型スバルインプレッサが新たに正式発表され、魅力的なスポーツカーが勢揃いしています。

インプレッサWRX STIのエンジンは、ついに280psを超え308psに到達しました。

ライバルのランエボ]は280psのままだったので、数字上横一線だったエンジンパワーに差が付きました。

ボディスタイルも、ランエボ]がシャーシが一新されたものの従来からのセダンスタイルを踏襲したのに対し、新型インプレッサWRX STIはハッチバックに変更。

現在、「世界ラリー選手権」(WRC)に出場しているシトロエンC4やフォードフォーカスもハッチバック形式なので、インプレッサSTIもトレンドに合わせた感じです。

来シーズンから本格参戦するスズキのSX−4もハッチバックです。

現在ラリーで戦っているインプレッサセダンも、個性的で魅力がありますが・・・。


東京モーターショーで用意された「グランツーリスモ5」なら、これらのクルマを一度に疑似体験出来ますね。

777万円もするGT−Rを簡単に買うことが出来る人なら、レクサスIS−Fやランサーエボリューション]、インプレッサWRX STIもまとめて買うことも可能でしょうから、「グランツーリスモ5」は必要ないのかもしれませんが、一般人にとってはありがたいソフトです。

「グランツーリスモ5」なら、一般道は勿論のこと、サーキット、それにラリーのようなダートでも、ランエボ]と新型インプレッサを競わせることが出来ます。


それにしても、スポーツカーと言えども、原油価格の高止まりと環境配慮で燃費性能を無視できない時代となりました。

東京モーターショーには海外勢も含め多数のスポーツカーが出展されますが、やはりメインは環境性能です。

インプレッサSTIにも、レガシシィーで好評だったSIドライブを搭載し、「パフォーマンス重視」とともに「燃費重視」モードが選択可能です。


中古車のランエボやインプレッサは高値安定が続いています。

新型ランエボ]や新型インプレッサSTIへの三菱、スバルの力の入れようを見ていると、中古車価格が下落することは考えにくい状況です。

更に、燃費性能アップで、購入後のランニングコストも安くなると・・・。

ランサーエボリューション]、スバルインプレッサWRX STI共に車両価格は300万円を軽くオーバーしますが、そのパフォーマンスも考えれば、かなりお得なスポーツカーなのかもしれません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。