ダイムラー・クライスラーがついに社名を「ダイムラー」に


スポンサードリンク


自動車大手ダイムラー・クライスラー(DaimlerChrysler)が、ベルリンで行われる株主総会で、社名を「ダイムラー(Daimler)」に変更します。

ダイムラー・クライスラーが、クライスラー部門の資産管理を行う持株会社「クライスラー(Chrysler LLC)」を設立し、その株式の80.1%を米投資会社サーベラスに売却してから2ヶ月、大物同士の事業統合で誕生した社名をあっさりと変更してしまいます。


ドイツの「ダイムラーベンツ」という高級ブランドと、アメリカ・ビッグスリーの一角「クライスラー」が事業統合したのは1998年。

これにより誕生した「ダイムラー・クライスラー」は、ゼネラル・モーターズ 、トヨタ、ルノー・日産連合、フォード・モーター、フォルクスワーゲンとともに、世界6大グループの一つとなりました。

ダイムラー・クライスラーが擁するブランドも、メルセデス・ベンツ、マイバッハ、スマート、クライスラー、ダッジ、ジープの6つありました。


それにしても「ダイムラー・クライスラー」で並んでいるブランドを改めて見ると、「何で、ダイムラーはクライスラーと事業統合したんだろう?」と思ってしまいます。

メルセデス・ベンツは別格としても、マイバッハ、スマートもメルセデスイメージに同調した存在感が十分あります。

一方のクライスラーブランドには、ダッジ・バイパーやジープ・グランドチェロキー等、個々で見ると個性あふれる車が多くあるものの、メルセデスのイメージとはミスマッチな感じがします。

ダイムラーの首脳陣も、自分たちとは異なる文化を取り入れて活性化を図ろうと考えたのかもしれません。

しかし、初年度こそ業績が上がったものの、それ以降クライスラーは低迷、結局多くの人の予想通りクライスラー部門は売却されてしまいました。


昔、ダイムラー・クライスラーと資本提携していた三菱自動車は、2005年に提携を解消していました。

三菱自動車のリコール隠しに始まった相次ぐ不祥事が解消の原因でしたが、それ以降三菱自動車は軽自動車アイ、パジェロ、デリカD5、ギャランフォルティスと立て続けに新車を発売し、業績回復傾向にあります。

今回のクライスラー売却の影響も受けておらず、まさしく「災い転じて福となす」といった感じです。


それにしても、自動車メーカーの資本提携はこれを機に解消の方向に向かうのか、それとも中国等新興国のメーカーを交えた新たな提携が増え続けるのか興味深いところです。

これまで、自動車メーカー大手で独自路線を貫いているのは、ホンダとBMWです。

もしこの2社が資本提携したら?

ホンダのVTEC直4を積んだBMWや、BMWのストレート6を積んだタイプRが登場するのでしょうか。

個人的には最強コンビだと思いますが・・・。


新型スカイラインクーペ発売開始 フェアレディZを超える高級感


スポンサードリンク

日産自動車は2日、同社を代表するスポーツカー「スカイラインクーペ」の発売を開始しました。

2003年1月以来4年半ぶりのフルモデルチェンジで、スカイラインセダンから約1年遅れての登場です。


新型スカイラインクーペの キャッチコピーには、スカイラインシリーズの「SHIFT Passion」が採用されています。

スカイラインセダンで掲げたテーマ「魅惑・洗練・高性能」が、スカイラインクーペにも受け継がれています。

その象徴とも言えるのが、排気量3700ccの新しいV型6気筒エンジン「VQ37VHR」。

フェアレディZやスカイラインセダンに使用されている「VQ35HR」エンジンをベースに、日産として初めてバルブ作動角・リフト量連続可変システムであるVVEL(Variable Valve Event & Lift)技術が新たに取り入れられており、最高出力333ps、最大トルク37.0kgmというパフォーマンスを発揮します。


またスカイラインクーペは、高性能かつ高級なFRスポーツクーペを強く印象づけるため、セダンに対し幅を50ミリ広げて高さを60ミリ下げられています。

セダンもそのスタイルは際立っていましたが、更に低重心が強調されたスカイラインクーペのデザインは、躍動感にあふれています。

レースのイメージが溢れていた昔のスカイラインとは全く別物ですが、スカイラインのアイデンティティでもある丸目4灯のテールランプは健在です。

GT−Rがスカイラインから完全に独立し、独自の世界を演出し易くなった一面もあってか、今回のV36のデザインはかなり完成度が高いと思います。


新型スカイラインクーペの目標販売台数は月間200台と、少し寂しい数字になっています。

ただ、ミニバン全盛の国内市場では、この数字の達成も結構難しいのかもしれません。

しかし、スカイラインクーペは主力市場の北米で06年に年間約2万台販売した人気車種でした。

日本でもスカイラインクーペのような車が売れれば、国内市場に弾みが付きそうです。

スカイラインクーペは、欧米市場では「インフィニティ」ブランドで販売されます。


新型スカイラインクーペの価格帯は、369万6000〜447万3000円。

新型スカイラインクーペの高級感を考えれば妥当なのかもしれませんが、同じ日産のスポーツカー、フェアレディZが337万500円〜404万2500円です。

フェアレディZをも上回る価格となると、購入層は自ずと限られてしまいます。

R型スカイラインの時代は、スカイラインクーペはもっと手の届きやすい価格帯にあり、その上に高級スポーツカーとしてフェアレディZ、更にその頂点にスカイラインGT−Rがありました。

今度のGT−Rも価格は700万円台後半に設定されており、売れなくなったスポーツカー、スペシャリティカーはますます高級化の道を歩んでいます。

このような高級スポーツカーも魅力的ですが、若者の関心を惹きつけるには、R32スカイラインクーペをはじめ、初代ユーノスロードスターや日産シルビア、トヨタMR−2のようなスポーツカーが必要です。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。