スバルとダイハツがOEM供給拡充 トヨタグループの連携強化


スポンサードリンク

スバル(富士重工業)は、それまで筆頭株主だったGMの不振を受け、2005年にトヨタが筆頭株主になりました。

それ以降、スバルの米国工場で中型セダン「カムリ」の生産を委託したり、スバルとトヨタ共同でスポーツカーの開発に着手する等、提携効果を上げる努力を続けていました。

今回、ダイハツという子会社とのOEM供給拡充に乗り出し、トヨタグループ全体の底上げ効果を狙います。


ダイハツからスバルへは軽自動車、小型車のOEMが行われます。

現在、スバルにはステラ、R1、R2など5台の軽自動車がありますが、正直パッとしません。

別にクルマの性能自体が悪い訳ではなりません。

スバルは、ステラの前身であるプレオやレックスといったクルマの頃からスーパーチャージャーを使い、独自色の濃い軽自動車を展開していました。

技術屋のイメージが強いスバルらしいクルマでしたが、加速性能ではスズキやダイハツのターボ勢に劣り、エンジン音も含めたフィーリングもイマイチでした。

しかし、シャーシを含めたボディ全体の出来はすばらしく、特にプレオは当時の軽自動車の中で抜きん出た品質感を有していました。

当時、品質面でライバル車を圧倒していた同社のレガシィーと、イメージ的に重なる部分がありました。

ただ、「スバル=水平対向エンジン」のキャッチがあまりにも強過ぎたためか、通常のエンジンにスーパーチャージャーを積んだプレオは、商品力が弱過ぎました。

広い室内空間が売りのステラも、自動車評論家の高評価に比べ販売台数は低空飛行を続けています。

デザインが売りのR1、R2も、三菱のアイやスズキセルボといったライバルに太刀打ちできない状況です。

R1が走っている姿などは、見かけた記憶がありません。


一方のダイハツはムーブ、タント、ミラ、コペン、エッセ、アトレー、ソニカ、maxと2006年軽bPに相応しいラインアップです。

元々すばらしかったダイハツ軽自動車の内装は近年更に進化し、他メーカーの軽自動車を圧倒しています。

東京モーターショーではコペンの後継と見られるコンセプトカーも登場しました。

現在唯一の軽スポーツカー、コペンに次期モデルの存在が確認されたことは嬉しい限りです。

ダイハツの軽自動車がスバルにOEM供給されることは、販売の核となる軽自動車が欲しいスバル、軽自動車bPを維持するためスバルチャンネルを活用したいダイハツ双方にとって、かなりメリットが大きそうです。

ただ、スバルは既に、ダイハツから小型車「ブーン」のOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受け、今秋から欧州市場で「ジャスティ」として売り出すことを決定しており、これが日本市場にも投入される可能性もあります。


一方、スバルからダイハツへは2000cc級の中型車がOEM供給される見込みです。

スバルがフラッグシップのレガシィを供給するとは、考えにくい状況です。

となると、新型インプレッサかフォレスターですが、フォレスターはエスクードと被ってしまいます。

やはり、新型インプレッサのOEM供給が順当なところでしょうか。

スバルも、新型インプレッサを少しでも多く売りたいでしょうし・・・。

ガソリン代150円突破は時間の問題? ガソリン代節約するなら


スポンサードリンク

第40回東京モーターショー2007では、ハイブリッド車は勿論のこと電気自動車、水素自動車等ガソリンエンジン車を代替する未来の車が多数登場しています。

フォルクスワーゲン、BMW、メルセデスベンツ、ポルシェといったドイツ車メーカーを筆頭に、欧州車メーカーが日本メーカーの得意技ハイブリッド技術に力を入れ始める一方、逆に日本車メーカーは欧州メーカーの独占市場とも言えるディーゼルエンジンの新技術に力を入れ始めています。

今後、ガソリンエンジン以外のシステムがどんどん開発が進み、地球環境にやさしいクルマが増えてくることでしょう。


しかし、これらはまだしばらく先のこと、ガソリン価格の値上げ、値下げに一喜一憂する状態がしばらく続きそうです。

そんな中、ニューヨーク原油先物相場が28日に最高値を更新しました。

石油元売り最大手の新日本石油は同日、11月出荷分のガソリン卸価格を10月に比べ1リットルあたり6円引き上げると発表しました。

10月にもガソリン代の4円値上げがあったばかりと言うのに・・・。

これで、11月のガソリン代は、一部地域で150円を突破する可能性が出てきました。

ハイオクガソリンではありません、レギュラーガソリンの価格です。

ガソリンスタンドも競争が激しく、極力ガソリン代への転嫁を抑えていましたが限界のようです。

新日石自身が「エネオスフロンティア」(東京都品川区)など、販売子会社が運営する全国574のガソリンスタンドに対して、小売り価格が適正になるよう値上げを指示しました。

昭和シェル石油やジャパンエナジーもガソリン価格値上げを打ち出しています。

11月のガソリン代が10月以上に高騰するのは確実のようです。


昔、レギュラーガソリン代が100円を切っている時代がありました。

ガソリン代が150円まで高騰すると、1回50リッター入れると2500円もガソリン代が上がっている事になります。

満タン給油1回でここまで異なると、少しでもガソリン代節約の知恵を考えたくなります。

一番効果的なのは、エコドライブ。

特にクルマ好きでアクセルを踏み込み気味の人には有効なガソリン節約方法です。

また、セルフガソリンはやはり一般のガソリンスタンドに比べて割安です。

ガソリン代高騰を受け、各地でセルフスタンドが増殖中です。

確かに、普通に道を走っていても、普通のスタンドよりセルフガソリンのスタンドの方が、明らかに増えてきています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。